catch-img

データドリブンなメールマーケティングのためのデータベース設計

オンラインマーケティングの重要性が増す中で、メールでのリード・顧客育成に注力する企業も増えています。メールマーケティングはリストと配信ツールさえあればできると考えがちですが、効果的な運用のカギを握るのがリストを管理するデータベースの存在です。この記事では、データドリブンで効率的なメールマーケティングを実現するためのデータベースのあり方について詳しく解説していきます。

目次[非表示]

  1. 1.Webフォームの設置だけではメール配信の準備は不十分
  2. 2.メールマーケティングで効果を出すために必要なシステムの機能
    1. 2.1.リード量に直結するEFOを行うためのカスタマイズできるWebフォーム
    2. 2.2.データベースの情報を顧客ごとに安全に整理・管理できるデータベース
    3. 2.3.ビジネスとして使えるメーラーへの到達率が高いメール配信機能
    4. 2.4.CRM・SFAやMAなどシステム連携やデータ連携
  3. 3.大量のメール一斉配信を繰り返す危険性と主な原因
    1. 3.1.到達率だけではなくメールアドレスが機能しなくなるケースも
    2. 3.2.E-mailレピュテーション
    3. 3.3.IPのブラックリスト化
  4. 4.データベースのセキュリティ要件の重要性と確認方法
    1. 4.1.個人情報の流出は企業経営を左右するビジネスリスクになる
    2. 4.2.Pマーク・ISMSなどサービス提供企業のセキュリティ運用体制
    3. 4.3.WAF・24時間監視・侵入検知システムなどサービスインフラのセキュリティ
  5. 5.データの収集・格納・運用でメールマーケティングは初めて機能する


Webフォームの設置だけではメール配信の準備は不十分

これからメールマーケティングを始める方の中には、会員登録用のWebフォームが設置できれば、メール配信の準備が整うとお考えの方もいるかもしれません。しかし、それでは”マーケティング”を行う上では不十分と言えます。メールマーケティングで成果を出すには、リストの収集→格納・整理→配信までをセットとして、PDCAを回しながらコンテンツ×ターゲティングの精度を上げていかなければなりません。

例えば、目標となる毎月のコンバージョン数があるなら、逆算をしてリストの量が足りているのかという問題もありますし、データベースからセグメントをかけてそれぞれに合った情報を提供していかないとコンバージョンが上がらないということもあるでしょう。メールマーケティングで最適化を図ろうと思うのであれば、リストを格納・整理するデータベースの活用が大きなポイントになるのです。


メールマーケティングで効果を出すために必要なシステムの機能

ここで、メールマーケティングで効果を出すために必要な機能を改めて整理してみましょう。


リード量に直結するEFOを行うためのカスタマイズできるWebフォーム

1つ目は、メール配信の母集団となるリードを獲得するためのWebフォームです。リードの量を確保しようと思うならば、EFOを行えるだけのカスタマイズ性と分析機能を備えておくことが重要になります。項目を簡単に編集できるのはもちろんのこと、ボタンの色や大きさなどのデザイン面も変更できるのか、ページを遷移するステップフォームなどの機能があるかなどもチェックしておくと良いでしょう。


データベースの情報を顧客ごとに安全に整理・管理できるデータベース

2つ目は、データベースの情報を安全に管理できるデータベースの機能です。セキュアな環境であるのはもちろんのこと、さまざまな条件で抽出できたり、マスター情報と購買履歴などのように複数のデータベースを紐付けられたりすると、活用の幅も広がります。


ビジネスとして使えるメーラーへの到達率が高いメール配信機能

3つ目は、メール施策を行うためのメール配信機能です。一斉メールやセグメントメール、ステップメールなど、多様な配信に対応できることに加えて、配信スピードや到達率などの配信性能にも気を配る必要があります。到達率はメール配信を行う上で重要な指標の1つとなります。メールマーケティングで成果を上げるには、信頼性の高いメール配信サービスを利用することが大切です。


CRM・SFAやMAなどシステム連携やデータ連携

4つ目は、CRMやSFA、MAなどとの連携機能です。顧客情報を蓄積してきたシステムとシームレスに連携ができれば、施策実施時の準備や実施後の分析作業の手間が大幅に減ります。データのエクスポート→データ整形→インポートの手間がなくなることで、PDCAを回すスピードも速くなり、メールマーケティングの最適化が図りやすくなるでしょう。


Webマーケターの痒い所に手が届く
MA・SFAツールでカバーできない
高機能なWebフォーム&メール配信が1つに!
初期費用無料・月額1万円のクライゼルライト新登場

  【月額1万円】新プラン「クライゼルライト」をリリースしました。 幅広いお客様にご利用いただけるように、フォームサービスとメールサービスに特化した新プラン「クライゼルライト」をご用意しました。 クライゼルの高セキュリティ高い安定性はそのままに、初期0円、月額10,000円でクライゼルライトをご利用いただけます。 クライゼル | 多彩な業務で使える高セキュリティなCRMプラットフォーム



大量のメール一斉配信を繰り返す危険性と主な原因

ビジネスで一斉メール配信を行う際は、メール配信環境を整えることは必須です。安易に大量のメールを配信すると次のような事態を招く危険性があります。


到達率だけではなくメールアドレスが機能しなくなるケースも

無料でメールアカウントを作成できるフリーメールや、格安のメール配信システムを使って一斉メールを配信すると、スパムや迷惑メールと判断されて到達率が低くなる恐れがあります。それだけでなく、場合によっては一斉メール配信に利用したメールアカウントが機能しなくなる危険性もあるのです。


E-mailレピュテーション

上記のような事態を招く要因となるのが、 E-mailレピュテーションの仕組みです。送信元のIPアドレスのレピュテーション(評価)が低い=信頼度が低いと判定されると、迷惑メールフォルダに振り分けれらたり、受信を拒否されたりしてしまいます。


IPのブラックリスト化

第三者団体などで管理されているIPアドレスのブラックリストに掲載されてしまえば、一斉メール配信時だけでなく、個別にメールを送信する際にも受信をブロックされてしまう危険性があります。顧客との通信手段を断たれてしまうことにもなりかねませんので、大量にメール配信を行う際には使うツールを吟味する必要があります。


データベースのセキュリティ要件の重要性と確認方法

メールマーケティングを行う際は、メールアドレスや氏名、会社名などの顧客情報を大量に扱うことになります。そこで重要になるのが、セキュリティ対策です。ここではメール配信に使うデータベースのセキュリティ要件として、抑えておきたいポイントを紹介します。


個人情報の流出は企業経営を左右するビジネスリスクになる

ITツールを選ぶ際は、機能面やユーザビリティに目が行きがちです。しかし、外部との情報のやり取りが発生するメールマーケティングにおいては、個人情報流出などのセキュリティリスクを低く抑えられるかどうかも選定時に見極めておく必要があります。「必要な機能が備わっていれば良い」と格安のツールを導入することは、会社を危険な状態に晒すのと同じです。

以下の記事で紹介しているポイントを参考に、ツールのセキュリティ対策をチェックしておきましょう。

  お問い合わせWebフォームのデータ・メール送信の役割と必須なセキュリティ対策を解説 フォームを利用したデータやメールの送信は、自社とユーザーを繋ぐ大事な役割を担っています。フォームには悪意を持った攻撃を仕掛けられる可能性があり、高いセキュリティ対策が欠かせません。今回はフォーム送信におけるセキュリティ対策について解説します。 クライゼル | 多彩な業務で使える高セキュリティなCRMプラットフォーム




Pマーク・ISMSなどサービス提供企業のセキュリティ運用体制

ツールのセキュリティ対策と同時に、サービス提供企業の組織としてのセキュリティ運用体制も重要なポイントになります。サイバー攻撃の手口が巧妙化する中で、サービス提供企業は常に改善し続ける体制が求められます。PマークやISMSなど、第三者機関の認証を受けている企業のサービスであれば安心です。


WAF・24時間監視・侵入検知システムなどサービスインフラのセキュリティ

主流であるクラウド型であれば、上記に加えてデータを保管するサーバーのセキュリティ対策も重要になります。24時間の監視体制や、不正な侵入を防ぐためのWAFの設置などの対応が取られているかをチェックしましょう。


データの収集・格納・運用でメールマーケティングは初めて機能する

メールマーケティングはただ配信すれば良いというものではなく、データの収集・格納・運用が揃って初めて機能するものです。常に顧客データを収集し更新しなければ、リストが老朽化し効果は薄れていきますし、セキュアな環境や分析環境がなければ、継続的な運用もかないません。フロー設計やツール選定の時点からこの点を意識することが、メールマーケティングの成功のカギとなるのです。一連のフローを網羅できるツールを活用したり、複数のツールを連携したりと円滑なフローが構築できれば、施策の実施スピードも上がり最適化しやすくなります。どんな施策でも初めから目標に到達するのは難しいものです。場当たり的な対応ではなく、継続的に運用・改善できる環境を整えていきましょう。


Webマーケターの痒い所に手が届く
MA・SFAツールでカバーできない
高機能なWebフォーム&メール配信が1つに!
初期費用無料・月額1万円のクライゼルライト新登場

  【月額1万円】新プラン「クライゼルライト」をリリースしました。 幅広いお客様にご利用いただけるように、フォームサービスとメールサービスに特化した新プラン「クライゼルライト」をご用意しました。 クライゼルの高セキュリティ高い安定性はそのままに、初期0円、月額10,000円でクライゼルライトをご利用いただけます。 クライゼル | 多彩な業務で使える高セキュリティなCRMプラットフォーム


現在は、多種多様なフォーム作成専用ツールが存在しており、どのツールを選ぶかによってマーケティングの効果も大きく変わってくると言えます。


たとえば、ベーシック社の「formrun」は、20種類のテンプレートが用意されており、スピーディーにフォームを作成できることが最大の特徴。問い合わせ対応まで管理画面で一元管理が可能です。

シナジーマーケティング社の「Synergy!LEAD」は、Salesforce利用者用のマーケティングツールとして開発されており、フォーム作成とメール配信機能を備えています。問い合わせや資料請求など、リード獲得・育成目的に用途は限られますが、シンプルな機能で手軽にフォーム作成ができる点が魅力となっています。


単なるフォーム作成ツールではなく、MAシステムでは高コストになってしまう一斉メール配信やマイページ構築できるのがトライコーンの「クライゼル」です。フォーム機能と合わせてデータベース機能やメール配信機能やマイページ機能を持つのが特徴で、他のマーケティング施策と連携させやすいメリットがあります。

また、新しく登場したライトプランでは、 Webフォーム作成とメール配信に特化し、上位プラント同じセキュアなシステムを月額1万円で利用できるようになっています。クライゼルライトからクライゼルにはいつでもアップグレードできます。


パイプドビッツ社の「スパイラル®」も、クライゼル同様にフォーム作成機能、メール配信機能、マイページ機能を持ち、アンケート管理、キャンペーン管理、安否確認、問い合わせ受付など自社に合わせた利用が可能であり、SNSや外部システムとのAPI連携にも柔軟に対応しています。


とにかく安価にフォーム作成ができればよしとするのか、本格的な顧客データベースとしてセキュアに運用できる土台を持った多機能なシステムを使うか、他クラウドサービスと簡単に連携できるシステムにするかなどによって、選択肢は自ずと変わります。あくまで自社の目的を踏まえて比較検討するようにしましょう。


KreiselLite

リード獲得から、顧客育成をもっと効率的に。そしてセキュアに!
月額1万円でWebフォーム機能とメール配信機能を網羅。
他クラウドサービス連携による拡張性とセキュアな運用環境で選ぶ、クライゼルライト

※クライゼルライトについて詳しくはこちらから。

【月額1万円】新プラン「クライゼルライト」をリリースしました。



M.Hattori

M.Hattori

トライコーン(株)取締役兼マーケティング統括。web広告、CRM、CDP、データ可視化などお客様のwebマーケティングの課題解決に長年従事。 Salesforce Marketing cloud メールスペシャリスト / アドミニストレータ / コンサルタントおよび、Salesforce アドミニストレータの各認定資格を保持。

関連記事

よく読まれる記事

ホワイトペーパーDL

ステップメール完全ガイド

タグ一覧