catch-img

メールマーケティングに欠かせないメール配信サービスの仕組みとメリット

メールは低コストで導入可能なうえ、高いセールス効果が見込める代表的なマーケティングツールのひとつです。
しかし一度に大量のメールを配信しようとすると、配信用のリスト管理やメール文面の作成など多くの手間がかかるという難点もあります。
この悩みを解決してくれるのが「メール配信システム」です。
今回は有料・無料のメール配信サービスを紹介しつつ、メール配信サービスの仕組みや導入のメリットを解説していきます。

目次[非表示]

  1. 1.大量のメールを高速・確実に一斉送信するシステム
    1. 1.1.メール配信システムの利用によって発生するメリット
  2. 2.有料と無料、どちらのサービスを利用すべき?
    1. 2.1.有料サービスを利用すべき場面
  3. 3.「公開鍵」と「暗号鍵」で暗号化
  4. 4.メール配信成功の鍵は「ペルソナの明確化」と「内容の分かりやすさ」
    1. 4.1.ペルソナの明確化
    2. 4.2.内容のわかりやすさ
      1. 4.2.1.メールマーケティング効果を最大化するポイント
  5. 5.メール配信サービスのまとめ

大量のメールを高速・確実に一斉送信するシステム

メール配信サービスとは、その名の通り、多数のユーザーに向けてメールを一斉送信できるシステムのことです。
「顧客アンケート送付」や「セミナーへの集客」、「クーポン配信」など様々な用途で運用できます。
一度にメールを数千人や数万人の顧客に送信しようとすると、一斉送信しても数時間程度では送りきれないケースが多く、メールの配信トラブルも発生しやすくなります。

また通常のメールサービスでは、マーケティング効果測定に必須となる、メールの開封率やコンバージョン率などの指標データを収集することが困難です。

これらの問題点はメール配信システムを利用することで解決可能となります。
メール配信サービスは大きく分けて、以下の3タイプが存在します。

1.PCに配信用ソフトをインストールするもの
2.インターネット上で配信システムを利用するもの
3.メルマガ配信スタンドを活用するもの

それぞれサーバー管理にかかる労力や導入コストなどの面で違いがありますが、管理システム上での簡単な操作だけで確実かつ高速にメールを配信できる点は共通しています。
サービスによっては、レコメンドメールや誕生日メールなど高度なメールマーケティング施策を実現するメール配信機能や、リッチなメールを作成できるHTMLメールエディター機能などを搭載しているものもあります。

メール配信システムの利用によって発生するメリット

  • 配信担当者の負担を軽減しつつ、マーケティング効果の最大化も同時に狙える

有料と無料、どちらのサービスを利用すべき?

メール配信サービスには無料のサービスもあれば有料のサービスもあります。
多くの場合、有料サービスは無料ツールよりも高機能、多機能な内容となっています。

しかし、無料サービスが有料サービスに全く劣っているわけではありません。
無料サービスのなかには操作性がシンプルで扱いやすく、広告表示が一切ないサービスもあります。

また導入が容易なサービスも多いのも特徴です。
メール配信サービスを初めて利用する人は、まずは無料サービスで使用感を確かめてから導入を検討するのも良いでしょう。

ただし無料サービスの多くは、月別メール配信数やメールアドレスのリスト登録件数に上限が存在するなど、一定の機能制限が設けられています。
メール配信数が百名程度と小規模であれば問題ありませんが、将来的には数千、数万の顧客に向けて配信したいという場合には、最初から有料ツールを導入しておくべきです。

また、有料サービスにはパーソナライズされたメールコンテンツを作成できる機能や、メール未達時のエラー解析をおこなう機能、システム操作で疑問点が生じた際にいつでも相談できるカスタマーサポートなど、 メールマーケティングをサポートする機能・サービスが充実しています。
このため、高度なメールマーケティング施策を実現したい方は、有料サービスの利用をおすすめします。

有料サービスを利用すべき場面

  • 高度なメールマーケティング施策を実現したい時
  • (例)パーソナライズ・エラー解析・マーケティングなどの機能やカスタマーサポートが必要な場合

「公開鍵」と「暗号鍵」で暗号化

多くの場合、SSL化による暗号化には「公開鍵」と「共通鍵」を利用した方式が用いられます。
ウェブサーバーはユーザーからSSL通信のリクエストを受けると、ユーザーに「公開鍵」を送付します。
公開鍵を受け取ったユーザーの端末上では「共通鍵」が生成され、ウェブサーバーにも送信されます。
この共通鍵で個人情報や決済情報などの通信データを暗号化してサーバーに送付、そして最後にサーバーが共通鍵でデータを復号化し、暗号化以前のデータに戻すのです。

メール配信成功の鍵は「ペルソナの明確化」と「内容の分かりやすさ」

ペルソナの明確化

想定読者像が曖昧なままでは、メールコンテンツも漠然とした内容になります。
これではいくらメールを送付したところで、顧客から良好なレスポンスを得ることは叶わないでしょう。
まずはメッセージを届けたい読者の年齢層や性別、職業、会社内の地位などの情報を絞り込み、読者のニーズに合わせた情報を送れるようにしましょう。

内容のわかりやすさ

メールには大量の情報を詰め込むのではなく、むしろ可能な限りシンプルな文章を掲載すべきです。
あまりに複雑な情報、大量の情報を送っても、顧客が読む気にならなければ意味がありません。
このため、コンテンツの内容を何度も推敲し、余分な文章表現や情報を削り込む必要があります。

メールマーケティング効果を最大化するポイント

「ペルソナの明確化」「内容の分かりやすさ」を限られた時間の中でしっかりと対応すること
時間不足が想定されるとき、対応方法に悩んだときは、有料のメール配信サービスを利用することも大切

メール配信サービスのまとめ

メール配信システムの導入は配信担当者の業務負担を減らしますし、また、セールス効果を高めるためのマーケティング分析も可能にします。 既に大規模な顧客を抱えている人、あるいは将来的に配信先の数を増やすことを計画されている方は、迷わず有料ソフトを導入すべきでしょう。

SHOHE URA

SHOHE URA

データマーケティンググループ所属。 マーケティング担当者としてデジタルマーケティング全般に従事。 保有資格:GAIQ(GoogleAnalytics認定資格)