catch-img

メール配信における顧客管理 効率化の5つのポイントまとめ

多くの企業で実践されているマーケティング施策にメール配信があります。

メール配信で成果をあげるには、配信後の顧客管理が重要です。

また顧客管理の効率化がメール配信成功のポイントでもあります。

本記事では、メール配信における顧客管理効率化についてご紹介していきます。

すでにメール配信している・今後メール配信を予定している方は、ぜひ参考にしてください。

この記事のポイント!

  • メール配信で成果をあげるには顧客管理が重要
  • メール配信の特徴としてコスパの良さやスピード感、データ活用が挙げられる
  • 効率的な顧客管理はマーケティング以外の企業活動においても有効
  • メール配信における顧客管理効率化のポイントは主に5つある

資料請求

目次[非表示]

  1. 1.メール配信の基本
  2. 2.メール配信の特徴
    1. 2.1.コストパフォーマンスよく実践できる
    2. 2.2.スピード感を持って実行できる
    3. 2.3.データを元にした配信・顧客管理ができる
  3. 3.メール配信における顧客管理の注意点
    1. 3.1.顧客に合わせた配信ができるメール配信サービスを選ぶ
    2. 3.2.セキュリティに注意する
    3. 3.3.オンプレミス型とクラウド型の特徴を押さえる
    4. 3.4.ユーザー権限を設定できるか確認する
  4. 4.メール配信における顧客管理効率化のポイント
    1. 4.1.送信アドレスを柔軟に抽出できるか
    2. 4.2.セキュリティが万全なサービスを選ぶ
    3. 4.3.レポート分析機能付きのサービスを選ぶ
    4. 4.4.ユーザー権限管理できるサービスを活用する
    5. 4.5.ステップメールを活用する
  5. 5.まとめ

メール配信の基本

メール配信とは送信者である企業や事業者側が、受信者である顧客に対してメール配信によって行うマーケティング活動のこと。

顧客管理を効率化し、メール配信によって成果をあげるためにも、まずはメール配信の基本的な概要について押さえておきましょう。

メール配信とは送信者である企業や事業者側が、受信者である顧客に対してメール配信によって行うマーケティング活動のこと。

具体的には主に、新商品・サービスに関する情報、イベント・セミナー情報のお知らせに使われています。

目的としては売り上げアップはもちろん、企業情報伝達の効率化・迅速化や、企業・商品・サービスのファン化など企業によってさまざまです。

また昨今はメール配信をはじめ多くのマーケティング活動が、ウェブ上で行われるようになっており、比較的少ない予算で成果を出しやすくなっています。

それにともない多くの企業が実践している手法です。

メール配信の特徴

メール配信の特徴としてあげられるのは、主に以下の5つです。コストパフォーマンスよく実践できる。スピード感をもって実行できる。データを元にした顧客管理ができる。データ分析し顧客にあった配信ができる。

メール配信の特徴としてあげられるのは、主に以下の5つです。

  • コストパフォーマンスよく実践できる
  • スピード感をもって実行できる
  • データを元にした顧客管理ができる
  • データ分析し顧客にあった配信ができる

コストパフォーマンスよく実践できる


数あるマーケティング施策の中でもメール配信はコストパフォーマンスよく実践できる点が大きな特徴です。

メール配信と類似性のあるマーケティング施策に、企業情報を記載したチラシを投函するポスティングがあります。

それぞれ企業情報を顧客に伝達する施策として活用されています。

一般的にポスティングはチラシを用意し印刷、投函することで顧客に情報を伝達しますので、多くの工数が発生します。

またそれに伴い外部の業者に頼る必要もあり多くの労力が発生します。

一方でメール配信はテキストを作成し配信するだけで済みます。

よって印刷や投函の工数がかからず、コストパフォーマンスに優れています。

スピード感を持って実行できる

メール配信はコストパフォーマンスでご紹介したように、多くの工数がかかりません。それに伴いスピード感を持って実行できるのも特徴です。

またスピード感を持って実行できるため、緊急を要する情報伝達にも移り変わりの早い顧客行動に対応する際にも有効です。

そのためスピーディにタイプできる点は、顧客のニーズに答える意味でも現代の企業活動に重要なポイントです。

データを元にした配信・顧客管理ができる

先ほど例に出したポスティングは、基本的に効果が見えにくいデメリットがあります。

というのも一度投函したチラシ等は、追跡してどのような成果につながったかまでは確認しにくいからです。

一方でメール配信の場合、データ分析ツールとの連携によってメールの開封率やメールに記載したURLのクリックなどの顧客行動を把握できます。

そのためデータを元に顧客にとって有益な情報を配信できるので、その結果売り上げアップや効果的な企業情報の伝達も可能です。

メール配信における顧客管理の注意点


コストパフォーマンスやスピード感、顧客管理の面で特徴のあるメール配信。

最終的に効率的な顧客管理を実現しメール配信での成果をあげるためにも、以下の注意点を押さえておきましょう。

  • 顧客に合わせた配信ができるメール配信サービスを選ぶ
  • セキュリティに注意する
  • クラウド型とオンプレミス型の特徴を押さえる
  • ユーザー権限を設定できるか確認する

顧客に合わせた配信ができるメール配信サービスを選ぶ

顧客に合わせた配信ができるメール配信サービスを選ぶ

メール配信の特徴としてご紹介したように、データを元にした配信・顧客管理ができるのがメール配信です。

しかし全てのメール配信システムでデータを活用できるわけではありません。

というのもデータを活用するためには、データを収集・蓄積する必要があるからです。

またデータを収集・蓄積できるメール配信システムを導入するように注意しましょう。

結果的にデータの収集・蓄積・活用できるメール配信システムの導入は、マーケティングをはじめさまざまな企業活動に有効的に作用するでしょう。

セキュリティに注意する

セキュリティに注意する

情報化社会の現代において、顧客や取引先、従業員などの情報の流出は企業存続の危機にすらなってしまいます。

実際に情報流出によって多額の損害賠償を被るケースも珍しくありません。

そのためメール配信における顧客をはじめ取引先や従業員の情報管理、セキュリティ対策には一層注意する必要があります。

オンプレミス型とクラウド型の特徴を押さえる

オンプレミス型とクラウド型の特徴を押さえる

メール配信するシステムには、主にオンプレミス型とクラウド型の2種類があります。

効果的にメール配信するためには、両者の違いを理解することが重要です。

オンプレミス型のメール配信システムとは、パソコンやサーバにインストールし利用するメール配信システムです。

そのため一般的には社内でサーバ環境の構築やパソコンの準備が必要。

それに伴い専門知識のある人材も必要不可欠となります。

2つ目のクラウド型は、メール配信サービスを提供する業者の保有するサーバに保存したデータを活用するメール配信システム。

オンプレミス型のようにサーバ環境を社内で有する必要なしに導入できます。

また専門的な人材を社内で雇う必要もないため、近年クラウド型は多くの企業で導入されています。

社内に専門的な人材やサーバ環境がない企業は、クラウド型を選ぶようにしましょう。

ユーザー権限を設定できるか確認する

複数のメール配信プロジェクトが並行して進められている場合や、大規模なプロジェクトの場合、メール配信の担当者が複数人いる場合があります。

それによって、誤送信や情報漏洩のリスクがあります。

そのためメール配信で顧客管理する際には、メール配信ユーザーの権限を設定できるか確認しましょう。

また各担当者のアクセスログを確認できるシステムであれば、さらに安心して活用できます。

メール配信における顧客管理効率化のポイント

メール配信における顧客管理効率化のコツは、上記でご紹介した注意点を参考にする点に加えて、以下5つの点に着目してください。

また以下の点を備えたメール配信システムを選ぶと効果的なメール施策を実践できるでしょう。

送信アドレスを柔軟に抽出できるか

送信アドレスを柔軟に抽出できるか

メール配信において効率的な顧客管理を実現するためには、企業側のニーズに合わせて送信アドレスを柔軟に抽出できることが重要。

なぜならメール配信の特徴である、顧客データを元にしたメール配信のためには、顧客情報を条件ごとに抽出し顧客に合わせた配信する必要があるからです。

また送信アドレスを抽出するためには、そもそも使用しているメール配信システムがデータベースに対応しており、データが収集・蓄積されている必要があります。

そのため効率的な顧客管理には、データベース機能がついているメール配信サービスを選ぶようにしましょう。

そうすることで柔軟に送信アドレスを抽出し、効率的な顧客管理につながります。

セキュリティが万全なサービスを選ぶ

セキュリティが万全なサービスを選ぶ

先述したように個人情報が重要視されている昨今は、システム導入に際してセキュリティ対策が済んでいるサービスであるか確認することが重要。

セキュリティ対策が甘いサービスを使ってしまうと、セキュリティ対策をはじめトラブルが起きた際、その対応に追われてしまいます。

その結果、効率的な顧客管理ができなくなるので、セキュリティが万全なサービスを選ぶのもメール配信サービス導入の際には欠かせないポイントです。

レポート分析機能付きのサービスを選ぶ

レポート分析機能付きのサービスを選ぶ

メール配信における顧客管理を効率化するには、開封率やクリック率をはじめとするデータ分析し、次回の施策に活かす必要があります。

そのためレポート分析機能の有無は、顧客管理効率化に重要なポイントです。

その他にも顧客情報や購買履歴などのデータをレポート分析できる機能があれば、リピーターの獲得にも有用です。

実際に顧客情報や購買履歴の分析は、顧客満足度を向上させリピーターを獲得し、企業の継続的な売り上げに貢献できます。

具体的な手法としては、セグメント配信が有効。

セグメント配信とは、レポートの分析結果を元に年齢・性別・購入履歴などでターゲットを絞り込み、そのニーズに合わせて配信するメールマーケティング手法です。

レポート分析機能付きのサービスであれば、シームレスにデータを活用できるので、スムーズにセグメント配信を実践できます。

ユーザー権限管理できるサービスを活用する

ユーザー権限管理できるサービスを活用する

上記でご紹介したように、顧客管理においてユーザー権限の設定は、誤送信や情報漏洩対策に有効です。

実際に顧客管理する際には、誤送信や情報漏洩をはじめとするさまざまなリスクに備えることで、リスクを回避し本来の業務に専念できます。

そのため担当者が対応する業務内容やスキル、実績などに合わせて権限を付与できるサービスを利用しましょう。

そうすることで予期せぬリスクを回避し、効率的な顧客管理を実現できます。

ステップメールを活用する

ステップメールを活用する

顧客の商品購入日・お問い合わせ日・資料請求日など、日付情報をベースに一定期間ごとに配信するメールをステップメールと言います。

ステップメールは最終的に売り上げに貢献する効果的なメール施策であり、メール配信サービスを利用する際には、ステップメールとの相性が良いサービスを選ぶのも重要です。

またステップメールを効果的に活用できるサービスを選ぶことが、顧客管理効率化にもつながってきます。

ステップメールと相性が良いメール配信サービスの基準としては、データベース機能やセキュリティ対策はもちろん、高速配信やメール配信数上限なし、効果計測機能がついているサービスであれば安心です。

ステップメールのホワイトペーパーをダウンロードいただけます。

まとめ

今回の記事では、メール配信の概要から顧客管理のポイントまでをご紹介してきました。

メール配信で成果をあげるには、配信後の顧客管理が重要ですので、今回ご紹介した顧客管理効率化のポイントを押さえて実践してみてください。

またこれからメール配信を導入する・乗り換えを検討している方は、ぜひ弊社のクライゼルをご検討ください。

資料請求

SHOHEI URA

SHOHEI URA

データマーケティンググループ所属。 マーケティング担当者としてデジタルマーケティング全般に従事。 保有資格:GAIQ(GoogleAnalytics認定資格)