catch-img

会員管理システムの機能。機能を駆使して実行できる施策と利用シーンを解説

会員管理システムとは、自社サービスや商品の購入者や見込み客のデータを効率的に管理し、顧客の要望に応えることでLTV (Life Time Value(顧客生涯価値))を最大化するシステムです。

会員管理システムはただ情報を蓄積するだけでなく、蓄積したデータを活用してこそ真価を発揮します。システムの機能をどういったことに活用できるのか、具体的にどのようなシーンで利用できるのかについてわかりやすく解説します。

目次[非表示]

    1. 0.1.情報のデータベース化
    2. 0.2.プロモーションによる集客強化
    3. 0.3.会員サポートによる実行力強化
  1. 1.会員管理システムの機能を通じて行う施策・利用シーン
    1. 1.1.アンケートなどによる情報収集
    2. 1.2.会員向けセミナーなどによるプロモーション
    3. 1.3.マニュアルの発行などによる会員サポート
  2. 2.会員管理システムの機能を活かす上で管理・運用したい項目一覧
    1. 2.1.会員の属性・個人情報の管理
      1. 2.1.1.(基本項目)
      2. 2.1.2.(法人向けの場合の追記項目)
    2. 2.2.購買履歴・お問い合わせ情報の管理
  3. 3.クライゼルの会員管理システム
    1. 3.1.ログイン認証機能も開発不要で簡単に実装
    2. 3.2.デザインの自由度が高い
    3. 3.3.会員サイトに加えて多彩な機能を完備


会員管理システムの機能を通じてできること

まずは会員管理システムの機能の具体的な活用方法について紹介します。


情報のデータベース化

会員管理システムでは名前や年齢といった基本的な会員情報のデータベース化はもちろんのこと、自社のどういった商品・サービスをいつ購入したのかという利用履歴まで管理できます。


これらのデータをまとめて分析することで多様化する顧客のニーズに対応し、会員のLTV向上・満足度向上に役立てることができます。


プロモーションによる集客強化

多くの会員管理システムにはプロモーション機能があります。会員データの分析結果をもとに、メルマガ配信やアプリプッシュなど、会員ごとに効果的なアプローチをすることができます。

また、会員ごとに最適なサイト内広告を表示させることも可能です。


会員サポートによる実行力強化

会員サポート機能も会員管理システムが得意とする分野です。

会員サイトからの問い合わせ内容やアンケート結果などをデータベースに蓄積することができます。質問が多い内容についてはあらかじめ会員サイトに記載して利便性を高めたり、マニュアルを用意して迅速に回答できる体制を整えたりすることで顧客の満足度向上に役立ちます。


会員管理システムの機能を通じて行う施策・利用シーン

会員管理システムの機能をどういった施策やシーンで利用するのか、具体的な例を見ていきましょう。


アンケートなどによる情報収集

イベント後や商品購入後のアンケートは会員の声を聞く貴重な機会。従来であればアンケート用紙に記入していただき、それらを従業員がデータに起こしていましたが、会員管理システムを利用すれば、自動でデータベース化ができます。業務の効率化が図れるだけでなく、入力に関してミスが発生しにくくなる点も大きなメリットです。


会員向けセミナーなどによるプロモーション

セミナーの開催には、集客用のページ・申込フォーム作成やリマインドメールの配信、セミナー後のアンケートなども必要になります。これらをまとめて実現できるのが会員管理システムです。特に会員向けであれば、既存顧客へのメール配信で集客もできますので、集客から開催後のフォローまでワンストップでカバーできます。


マニュアルの発行などによる会員サポート

文書のデジタル化が進む昨今、製品マニュアルをはじめとする会員向けのマニュアルもデジタル配信にすることで、手間とコストを抑えられ、会員の利便性向上にもつながります。会員管理システムを使えば、自動配信も可能になり大幅な業務効率の改善が見込めます。


会員管理システムの機能を活かす上で管理・運用したい項目一覧

会計管理システムを活用するために情報として取得したい項目が複数あります。具体的な項目について以下で解説します。


会員の属性・個人情報の管理

個人情報と呼ばれる会員情報の管理は欠かせません。基本的な情報はできるだけ押さえておきましょう。


(基本項目)

氏名

生年月日

性別

連絡先

連絡方法

郵便番号

住所

電話

携帯電話

E-mail


(法人向けの場合の追記項目)

会社名

部署

役職

コーポレートサイトURL


購買履歴・お問い合わせ情報の管理

自社で販売している商品がある場合には購買履歴の管理は必須です。どういった商品を購入しているかはもちろんのこと、購入時期や金額なども今後のプロモーションの参考にすることができます。


購入日時

購入商品

購入チャネル

価格

数量

金額

支払い方法

お問い合わせ内容(累積)


クライゼルの会員管理システム

クライゼルはシステム連携機能により、簡単に会員管理や幅広いシステムとの連携ができ、官公庁導入実績もあるセキュリティが高い会員管理システムです。


ログイン認証機能も開発不要で簡単に実装

会員のログイン認証機能など会員サイトに必要な機能を新たに開発するには時間とコストがかかりますが、クライゼルの会員管理システムであれば、専門知識がなくともログイン機能や会員限定ページを簡単に実装できます。


デザインの自由度が高い

既に運営サービスサイト等があり、会員専用サイトやページを既存サイトのデザインに似せたいといった場合、デザインの自由度の高いシステムを利用する必要があります。クライゼルではCSSやJavaScriptを活用した柔軟なデザインやカスタマイズが可能な自由度の高いサービスです。


会員サイトに加えて多彩な機能を完備

会員サイトの作成機能だけでなく、メール配信やフォームなど、顧客育成に役立つ機能も充実しています。

クライゼルでは会員サイトのプラットフォームを提供するだけでなく、会員サイトや会員ページの構築の相談も承っています。


会員情報を一元管理する会員管理システムは、会社の業界・サービスによって使い方はさまざまです。「クライゼル」では、会員管理システムとして、多彩な業務に柔軟に対応が可能な高いカスタマイズ性とセキュリティ性を提供しています。


官公庁や大手企業でも採用されている会員管理システムの「クライゼル」を、ぜひお試しください。


多彩な業務で使える高セキュリティなWebCRMツールといえば、「クライゼル」


資料請求・お問い合わせはこちら

M.Hattori

M.Hattori

トライコーン(株)取締役兼マーケティング統括。web広告、CRM、CDP、データ可視化などお客様のwebマーケティングの課題解決に長年従事。 Salesforce Marketing cloud email specialist/administrator/consultantの各資格保持。

関連記事

よく読まれる記事

ホワイトペーパーDL

ステップメール完全ガイド

タグ一覧