catch-img

会員管理システムの導入目的。顧客管理システムの違いと比較ポイント

会員管理システムとは、自社サービスや商品の購入者や見込み客のデータを効率的に管理し、顧客の要望に応えることでLTV (Life Time Value(顧客生涯価値))を最大化するシステムです。

本記事では、会員管理システムと顧客管理システムの違いや、会員管理システムを導入する目的を紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.会員管理システムと顧客管理システムの違い
  2. 2.会員管理システムの導入目的
    1. 2.1.データベース化による事務作業の効率化
    2. 2.2.会員へのアプローチによるサイト内集客の強化
    3. 2.3.顧客情報の分析に基づく施策によるLTVの最大化
    4. 2.4.セキュア環境を担保したプラットフォーム化
  3. 3.クライゼルの会員管理システム
    1. 3.1.ログイン認証機能も開発不要で簡単に実装
    2. 3.2.デザインの自由度が高い
    3. 3.3.会員サイトに加えて多彩な機能を完備


会員管理システムと顧客管理システムの違い

会員管理システムと顧客管理システムは実は大差はなく、同一のものとして扱われている例が一般的です。また、CRM(Customer Relationship Management)と言われることもあります。CRMとは日本語で顧客関係性管理と訳され、自社と顧客の関係性を良好に保ち、販促につなげる意味を持ちます。


顧客情報を管理・蓄積するだけでなく、情報をもとに適切なマーケティングを行い、ファンを増やし、継続的で安定した売上の確保につなげることが会員管理システムの役割だと言えます。


会員管理システムの導入目的

顧客管理システムが導入されると劇的に業務の効率化が図れますが、魅力はそれだけではありません。ここでは会員管理システムを導入する際の目的になる大きな特徴について紹介していきます。


データベース化による事務作業の効率化

顧客の情報をデータベース化することにより、情報を効率的に管理できるようになります。会員の申し込みから変更、退会までを一元管理できるようになり、運営側からすると情報管理の手間が大幅に削減されるというメリットがあります。


会員へのアプローチによるサイト内集客の強化

会員数増加や会員の満足度向上に向けた取り組みとして、多くの会社ではメルマガやアンケートの配信、LINEメッセージなど会員とのコミュニケーションを取るためのツールを利用しています。会員管理システムの多くはこれらツールと連動させることができるため、いつ、どのツールを使って集客・購入しているかが一目瞭然です。


また、サイト内の行動履歴をデータベースに反映することにより、各会員に最適なプロモーションができるようになります。どのような頻度・タイミングで、どのようなページを閲覧しているかを分析することで、どういったアプローチをすれば購入が見込めるかを対策できます。

顧客情報の分析に基づく施策によるLTVの最大化

LTVとは「Life Time Value(顧客生涯価値)」と呼ばれる指標です。1人の会員が自社と関わっている間にどれだけの利益をもたらしてくれるのかという、会員から得られる利益の総額を表しています。会計管理システムを導入して顧客情報を分析することで、会員にとって愛着を持てる商品・サービスを開発したり、マーケティング活動に活用したりすることで、結果としてLTVを最大限に高めることができます。


セキュア環境を担保したプラットフォーム化

スタートアップの時点では、顧客情報の管理にExcelやGoogleスプレッドシートなどを利用している企業も多く見られます。しかし、こうした表計算ソフトなどでは個人情報をセキュアに管理することができず、またツールの連携も難しくプラットフォームとして活用することはできません。ベンダーが提供するプラットフォームを活用することで、安価でセキュアな環境の整ったシステムを導入することができます。


クライゼルの会員管理システム

クライゼルはシステム連携機能により、簡単に会員管理や幅広いシステムとの連携ができ、官公庁導入実績もあるセキュリティが高い会員管理システムです。


ログイン認証機能も開発不要で簡単に実装

会員のログイン認証機能など会員サイトに必要な機能を新たに開発するには時間とコストがかかりますが、クライゼルの会員管理システムであれば、専門知識がなくともログイン機能や会員限定ページを簡単に実装できます。


デザインの自由度が高い

既に運営サービスサイト等があり、会員専用サイトやページを既存サイトのデザインに似せたいといった場合、デザインの自由度の高いシステムを利用する必要があります。クライゼルではCSSやJavaScriptを活用した柔軟なデザインやカスタマイズが可能な自由度の高いサービスです。


会員サイトに加えて多彩な機能を完備

会員サイトの作成機能だけでなく、メール配信やフォームなど、顧客育成に役立つ機能も充実しています。

クライゼルでは会員サイトのプラットフォームを提供するだけでなく、会員サイトや会員ページの構築の相談も承っています。


会員情報を一元管理する会員管理システムは、会社の業界・サービスによって使い方はさまざまです。「クライゼル」では、会員管理システムとして、多彩な業務に柔軟に対応が可能な高いカスタマイズ性とセキュリティ性を提供しています。


官公庁や大手企業でも採用されている会員管理システムの「クライゼル」を、ぜひお試しください。


多彩な業務で使える高セキュリティなWebCRMツールといえば、「クライゼル」

資料請求・お問い合わせはこちら


M.Hattori

M.Hattori

トライコーン(株)取締役兼マーケティング統括。web広告、CRM、CDP、データ可視化などお客様のwebマーケティングの課題解決に長年従事。 Salesforce administrator, Salesforce Marketing cloud email specialist, Salesforce Marketing cloud administrator の各資格保持。