CDP連携サービス

CDP(Customer Data Platform)が解決すること

CDP(カスタマーデータプラットフォーム)とは顧客の属性データや行動データを統合するシステムです。
弊社のクライゼルCDPを用いることで、以下のようなことを解決します。
・初回接触したお客様の経路を明確にして、広告の効果測定がしたい。
・経路ごとの接触状況を理解して、販売結果への貢献度を知りたい。
・しばらく訪問していないお客様に、訪問を促す仕組みが欲しい。

CDP連携サービスの特長

01
有望見込み顧客を可視化して購入を促進
クライゼルCDPはお問い合わせの経路や直近の訪問回数を1つのダッシュボードで可視化します。また、スコアリング機能によって、お客様の状況を点数化します。
そして、自社webサイトとクライゼル内に保存されている顧客情報を結びつけることで、ランディングページから訪れた顧客に対し、ニーズにあったメール配信や顧客情報の管理が可能です。
02
休眠顧客が再度興味をもったタイミングでアプローチ
1度失注してしまったお客様や、資料請求のみでその後あまり進展がない方に対し、定期的にメルマガを送ることは有効な手段ではありますが、頻繁に送りすぎると相手に不快感を与えかねません。
クライゼルCDPは休眠顧客を可視化し、再度Webサイトを閲覧し始めたタイミング・メールの開封やクリック数が上昇したタイミングで顧客にアプローチすることができます。

お問い合わせ

メールやフォーム、CRMのご相談はお気軽に!
ページトップへ戻る