MAJIN連携

マーケティングオートメーション「MAJIN」との連携
ロゴ_MAJIN

MAJIN連携とは

クライゼルとマーケティングオートメーション「MAJIN」の特徴を掛け合わせた運用が実現できます。

連携の内容としては、クライゼルのWebフォームから登録・更新があった際に、その情報をMAJINにもリアルタイムで連携させる形となります。

MAJINは、株式会社ジーニーが自社開発したマーケティングオートメーション(以下、MA)です。
顧客一人ひとりの興味関心に応じたコミュニケーション施策を自動化・効率化でき、運用しやすいインターフェースと高い定着率を特長としています。
見込み顧客のWeb行動履歴をトラッキングし、状況に合わせた最適な情報を、様々なデバイスからOne to Oneで自動配信することができます。
詳しくはMAJINのホームページへ( https://ma-jin.jp/

MAJIN×クライゼルの用途

クライゼルで資料請求用のフォームを作成し、そこから申し込まれたお客様がWebページに再訪問したタイミングでMAJINからメールを送る、という運用を実現できます。

 

クライゼルでWebから見込み顧客を集客・管理し、MAJINで行動分析やリードナーチャリングを行います。
例えば、クライゼルで資料請求用のフォームを作成し、そこから申し込まれたお客様がWebページに再訪問したタイミングでMAJINからメールを送る、という運用を実現できます。

MAJIN×クライゼルのメリット

MAの強みを活かす

MAの強みを活かす

クライゼル単体では実現が難しいトラッキングやスコアリング、Webアクセス履歴に応じたメールのシナリオ配信などを、MAJINと連携させることで実現できます。
柔軟なデザインでフォームを作る

柔軟なデザイン

クライゼルでは、フォームをHTMLでフルデザインしたり、JavaScriptで動的な処理を実装したりすることが可能です。
そのため、ブランドイメージに沿ったデザインで、ユーザビリティの高いフォームを作ることができます。
顧客データの管理をシンプルにする

データ管理をシンプルに

クライゼルは、施策ごとに必要なLP・フォーム・データベースを自由に作成することができます。
クライゼルでキャンペーンやイベント、アンケート等でフォームから大量の情報を収集した場合でも、MAJINで手間なく整理できます。
マイページを作成する

マイページを作成する

クライゼルでは、ユーザ自身が登録情報を確認する「マイページ」を作成でき、情報を更新させる機能を使って強固な顧客管理が可能です。
自動連携

自動連携

クライゼルのフォームから登録・更新された情報を、MAJINに自動で送信します。
連携設定はお客様自身で簡単にできますが、ジーニーが代行させていただくパターンがあります。
後者に関しては有償ですが、クライゼルのフォームから登録された顧客情報とMAJINが発行するCookieが紐づくため、MAJINでトラッキングができるようになります。

その他連携可能なサービス一覧

ロゴ_kintone
logo_トレジャーデータ
ロゴ_slack
logo_smslink

※Webhook以外で連携可能なサービスもございます。詳しくは「システム連携サービス」

資料請求