kintone®連携

Webhook外部連携サービス
ロゴ_kintone

kintone連携とは

クライゼルのWebフォームから登録・更新があった際に、その情報をkintoneにもリアルタイムで連携させることができます。

手動でデータ連携する必要がないため、運用の手間や事故の危険性を抑えます。

※kintoneとは 開発の知識がなくても自社の業務に合わせたシステムをかんたんに作成できる、サイボウズ株式会社が提供しているクラウドサービスです。詳しくはkintoneのホームページへ( https://kintone.cybozu.co.jp/

※サイボウズ、kintoneおよびkintoneのロゴはサイボウズ株式会社の登録商標です。 

kintone×Webhookの用途

アンケートやイベント申し込み、お問い合わせなどの窓口としてフォームを作成し、そこから登録された顧客情報をkintoneで管理することができます。

アンケートやイベント申し込み、お問い合わせなどの窓口としてフォームを作成し、そこから登録された顧客情報をkintoneで管理することができます。

また、クライゼルの他機能と組み合わせることで、会員限定ページやメルマガなどの運用も実現可能です。

kintone×Webhookの特長

自動連携

自動連携

フォーム作成ツールから定期的に、手動でkintoneにデータをアップロードするのは手間、かつ顧客情報取り扱い事故の原因になります。
クライゼルのWebhook機能を使えば、リアルタイムに自動でデータ登録可能です。
Webフォームを簡単に作成

簡単に作成

高機能かつ柔軟なフォームを、簡単に作成できます。また、kintoneとの連携も簡単に設定いただけます。
システムの個別開発が不要なため、導入の費用や期間を抑えることが可能です。
複数のフォームと連携可能

複数フォームとの連携

クライゼルの特徴として、複数のWebフォームが作成可能となっておりますが、kintoneにおいても複数のアプリ(データベース)が作成できるようになっています。
そのため、複数フォーム→複数アプリの連携を実装し、幅広い用途でフォームをご活用いただくことが可能です。
顧客管理での活用

顧客管理での活用

クライゼルはフォーム機能以外にも、例えばセグメント配信やステップメールの配信が可能な「メール配信サービス」や、会員限定ページやクーポンの作成が可能な「サイト作成サービス」など、顧客との関係構築に欠かせない機能をご利用いただけます。

クライゼル×kintone連携概要

クライゼルで公開したアンケートフォームの回答結果を、 Webhook機能を利用してリアルタイムにKintoneへ連携します。
クライゼルで公開したアンケートフォームの回答結果を、Webhook機能を利用してリアルタイムにkintoneへ連携します。
クライゼルは、項目数が多いフォームにも対応しているほか、用途に応じて無制限に複数のフォームを作成し、同時に公開できるという特徴がございます。
フォームの作成数による費用の変動もございません。

クライゼル×kintone連携例

アンケートフォーム&集計レポート

クライゼルで公開したアンケートフォームの回答結果をkintoneで管理することによって、細やかな集計内容の確認ができるほか、kintoneの管理画面上に回答状況を表示させたり、リアルタイムで通知をすることも可能です。
kintoneではグラフや表の種類を選択したり、条件やソート方法を指定することで、ユーザーの希望に応じて様々な集計結果を表示し確認することができます。
クライゼルで公開したアンケートフォームの回答結果をkintoneで管理することによって、細やかな集計内容の確認ができるほか、kintoneの管理画面上に回答状況を表示させたり、リアルタイムで通知をすることも可能です。

お問合せフォーム&複数アプリで管理

1つのフォームの内容を複数のアプリに連携できることで、 それぞれの部門・担当者が自分に必要な情報をピンポイントで取得することが可能です。 クライゼルだけでは実現できないレポート化も、kintoneとの連携でアップグレードできます。
1つのフォームの内容を複数のアプリに連携できることで、それぞれの部門・担当者が自分に必要な情報をピンポイントで取得することが可能です。
クライゼルだけでは実現できないレポート化も、kintoneとの連携でアップグレードできます。

履歴書フォーム&帳票出力

履歴書や職務経歴書など、フォームで収集した情報を帳票出力したいという場合、専用システムの開発が必要なケースが多く、高額な費用がかかります。 Kintoneと連携した帳票サービス等と合わせて利用することで、高額なシステム開発をしなくても、低コスト&短期間に必要な帳票出力のシステムを構築することが可能です。 ※帳票作成にあたっては、連携実績がある外部サービスをご紹介いたします。
履歴書や職務経歴書など、フォームで収集した情報を帳票出力したいという場合、専用システムの開発が必要なケースが多く、高額な費用がかかります。
kintoneと連携した帳票サービス等と合わせて利用することで、高額なシステム開発をしなくても、低コスト&短期間に必要な帳票出力のシステムを構築することが可能です。
※帳票作成にあたっては、連携実績がある外部サービスをご紹介いたします。

導入までの流れ

1.【弊社】 クライゼル&フォーム制作&連携設定のお見積り作成

事前にフォームとkintone連携の設定内容をヒアリングのうえ、お見積りいたします。

2.【貴社】クライゼル利用契約、業務委託契約の締結

クライゼル利用契約書、制作代行の業務委託契約書の締結をお願いいたします。

3.【貴社】kintone利用ライセンスのご契約

事前にお客さまにてkintoneライセンスの利用契約をおこなってください。
※弊社の連携作業用のログインアカウントも含めてお申込みください。

4.【貴社】クライゼル利用申込&制作・設定代行発注書を送付

弊社フォーマットのクライゼルお申込み、フォーム制作・設定代行発注書を弊社へ送付。

5.【弊社】フォーム制作、連携設定作業

事前にヒアリングしたご要件に合わせてフォームの制作、kintoneとの連携設定作業をおこないます。

6.【貴社】フォーム&連携アプリのご確認

弊社よりテストアップのご連絡をさせていただきます。フォーム&連携内容をご確認ください。
制作内容等に不備等がありました場合には、弊社にて修正対応をおこないましたのち、納品完了となります。

その他連携可能なサービス一覧

logo_TREASUREDATA
logo_smslink
ロゴ_slack
logo_majin

※Webhook以外で連携可能なサービスもございます。詳しくは「システム連携サービス」

資料請求