catch-img

メルマガに効果的なタイトルとは?開封率を高めるタイトルの付け方

メルマガはマーケティング手法の1つとして、多くの企業で活用されています。

しかしSNSやチャットサービスが台頭し、メールの利用頻度が減った現在。

企業側はメルマガを読んでもらうために、以前にも増してユーザーファーストなコンテンツを心がける必要があります。

特にメルマガ配信を行う際に重要なのはタイトルの付け方。

実際にメルマガが配信された際に、タイトルをみてメールを開封するかどうかを判断する方は少なくないでしょう。

またメルマガの目的は、商品購入やサービス利用、店舗への来店など消費者のアクションを促すこと。

そのためにはまず、タイトルで興味関心を引き開封率を高める必要があります。

そこで今回はメルマガのタイトルに着目して、開封率を高めるためのポイントについてご紹介していきます。

これからメルマガ配信を検討されている方はもちろん、開封率を高めたいと考えている方は参考にしてください。

この記事のポイント!

  • メルマガは効果的なマーケティング手法の1つ
  • メルマガを活用するためには開封率を高めることが重要
  • 受信者がメールを開封する判断材料はタイトル
  • 開封率を高めるタイトルを付けるには3つのポイントを抑える


目次[非表示]

  1. 1.メルマガとは?
    1. 1.1.メルマガの配信目的
    2. 1.2.メルマガ配信のメリット
    3. 1.3.メルマガにおける開封率
  2. 2.メルマガとタイトルの関係 ポイントは文字数
    1. 2.1.なぜタイトルが重要なのか
    2. 2.2.ポイントは文字数 20文字をベースに
    3. 2.3.タイトルの前半10-15文字が重要
  3. 3.開封率を高めるタイトルの付け方とコツ
    1. 3.1.4Uの原則を意識する
      1. 3.1.1.有益性
      2. 3.1.2.緊急性
      3. 3.1.3.超具体性
      4. 3.1.4.独自性
    2. 3.2.ユーザー目線の言葉を使う
      1. 3.2.1.演出を工夫する
      2. 3.2.2.記号を使う
      3. 3.2.3.相手に問いかける
      4. 3.2.4.感嘆詞を入れる
  4. 4.まとめ

メルマガとは?

メルマガとはメールマガジンの略で、顧客に対して企業やWebサイトが一斉配信するメールのことを指します。

メルマガとはメールマガジンの略で、顧客に対して企業やWebサイトが一斉配信するメールのことを指します。

1通のメールだけではなく、定期的に配信される仕組みであるということが特徴です。

基本的に購読者側から配信を希望するケースが一般的で、ユーザーはメルマガにより受動的に情報を受け取れます。

メルマガの配信目的

メルマガはメールマーケティングの一種で、大きく分けて以下のような3つの目的で配信されます。

  • 販売促進:キャンペーンやセールの告知
  • 見込み顧客の確保:興味のあるコンテンツの提供
  • ファンの育成:サービスや商品の利用継続の促進

企業側は配信目的を明確にした上で、最適なコンテンツを最適な期間で配信することが重要です。

例えば、高額な商品を一回のメールで購入してもらうのは難しい傾向にあります。

そのためその商品のファンになってもらえるよう中長期的にメルマガ配信を行う必要があります。

反対に比較的安価な商品の場合、長期的な施策になってしまっては非効率なマーケティング施策になってします。

このように扱っている商品やサービスに応じた目的を設定することが重要です。

メルマガ配信のメリット

メルマガ配信には以下のようなメリットが挙げられます。

  • コストを抑えて、タイムリーな情報が発信できる
  • プル型販促で即効性のあるアプローチができる
  • 信頼性の高いコンテンツで、企業と顧客の関係が構築できる

メルマガの配信目的を実現するためには、さまざまな手法が存在します。

その中でもメルマガは、コスト面や即効性、顧客との関係構築において効果的な手法です。

即効性を期待できる反面、中長期的な顧客との関係構築にも活用されます。

配信の目的が食い違わないよう、企業側で情報共有することが重要です。

メルマガにおける開封率

メルマガにおいて開封率は最も重要な指標の1つ。

なぜならメルマガ配信を行っても、開封してもらわなければ、商品購入やサービスの利用にはつながらないからです。

そのためメルマガ配信において、優先的にチェックするべき項目は開封率。メルマガの開封率は、以下の数字目安にしてみてください。

  • ロイヤルユーザー:20〜30%
  • 一般的なユーザー:15〜25%
  • 休眠ユーザー:5〜10%

開封率は、対象者(企業・一般消費者)や業種も関係してくるので、一概に同じ指標では測れません。

そのため開封率は一例として、社内の目的にに応じて検討する必要があります。

またBtoBでは顧客育成を目的としたリードナーチャリングのメルマガが多く配信されます。

さらにビジネスマンも情報収集の目的でメルマガを積極的に開封する傾向にありますので、適切な開封率を得られない場合もあります。

そのため不確かなデータになる可能性があることも留意しておきましょう。

メルマガとタイトルの関係 ポイントは文字数

メルマガとタイトルの関係 ポイントは文字数

メルマガとタイトルにはどのような関係があるのでしょうか。

それは前述した開封率に大きく関係してきます。

なぜタイトルが重要なのか

メルマガを読んでもらうためのファーストステップは開封。

そして受信したユーザーがメルマガを開封する判断材料は、メールがどんな内容なのかを示すタイトルです。

さまざまな企業から何通も届くメールを、1つずつ開封するのは、手間に感じる方も少なくありません。

実際に最近ではメールを開封せずに、受信ボックスに溜めてしまっている方も多いのではないでしょうか。

そんな中でも開封してもらえるメルマガにするためには、タイトルを工夫する必要があります。

ポイントは文字数 20文字をベースに

スマートフォンのメールボックスにメールが届いた際に表示されるタイトルの文字数は、全角20文字程度です。

一方でパソコンは、全角25文字程度です。

スマホとパソコン、どちらもタイトルをすべて表示させたい場合、20文字以内でもっとも伝えたい内容をタイトルに入れ込むことがポイントといえます。

タイトルの前半10-15文字が重要

前半の10-15文字は重要です。

メルマガのテーマを必ず前半に書きましょう。

よくある手法としては、重要な部分を【 】(鍵かっこ)でくくり、前半で強調する手法です。

販売促進の目的で配信したメルマガであれば「SALE開催中」「期間限定のキャンペーン」「◯%オフのクーポン付き」のようなイメージ。

ユーザーにとって有益な情報を強調することで、開封率アップを期待できます。

開封率を高めるタイトルの付け方とコツ

メルマガの開封率においてタイトルが重要ということがわかりました。

ここでは開封率を高めるタイトルの付け方について、3つのコツを伝えしていきます。

具体的な事例もご紹介しているので参考にしてみてください。

4Uの原則を意識する

4Uの原則とはマーケティング手法として提唱されている、以下4つの観点です。Useful:有益性、Urgent:緊急性、Ultra Specific:超具体性、Unique:独自性

4Uの原則とはマーケティング手法として提唱されている、以下4つの観点です。

  • Useful:有益性
  • Urgent:緊急性
  • Ultra Specific:超具体性
  • Unique:独自性

タイトルを考える際には、まずこの4つの観点からユーザーに伝えたい内容を考えると良いでしょう。

この4つを意識することで、ユーザーがメールを開封する理由付けがはっきりします。

有益性

メルマガを読んでユーザーにどのようなメリットがあるかを意識すること。

例:「クーポン配信中」とタイトルに入れることで、メールを読めばクーポンをゲットできることがわかります。

緊急性

今すぐにメールを確認する必要性があることをアピールすること。

例:「今だけ」「期間限定」「◯人限定」「◯時まで」などです。

これによってなるべく早くメールを確認する必要があると訴えることが可能。

超具体性

メールの内容を数字などの具体的な要素で伝えられていること。

例:「◯%の人が効果を実感した」「1万人にご好評いただいている」と入れ込むことで、具体性が上がり関心を引きやすいといえます。

独自性

これまでになかった表現で差別化すること。

例:差し込みコードを利用してタイトル冒頭を【◯◯様】のような表示にしてみる。

これによって受信者にとって特別なメッセージであると伝えられます。

ユーザー目線の言葉を使う

ユーザー目線の言葉を使う。専門的な言葉を使用するのは避けて、すぐに理解できる言葉選びましょう。

メールをみるユーザーは相手側(企業)のことを、詳細に知らないケースも珍しくありません。

そのため企業側の専門的な言葉を使用するのは避けて、すぐに理解できる言葉選びましょう。

特にノウハウのような情報発信系のメルマガでは、メルマガを配信するユーザーの知識量や好みを意識した言葉を選ぶことがポイントです。

演出を工夫する

文字だけでは単調なイメージになってしまうため、目立たせるためにもタイトルの演出を工夫してみるのも1つの手です。

演出の例としては、以下の3つを参考にしてみてください。

記号を使う

「☆」「◼︎」「◆」「【】」のような記号を使うことで、タイトルを目立たせられます。

存在感をアピールすることで、よりタイトルをみてもらえる確率が上がるでしょう。

例:☆お得なセール開催中☆

相手に問いかける

メールは一方的な印象があるので、タイトルに問いかけの表現を入れるだけで心理的なハードルを下げてくれる効果があります。

例:「知っていましたか?◯◯にはこんな効果があるんです!」

感嘆詞を入れる

感嘆詞とは感情をより大きく表現する際に使用する表現です。

タイトルの冒頭に入れ込むことで、ユーザーの感情を高ぶら、興味を引く効果に期待できます。

例:「なんと!!今だけお得なキャンペーン開催中」

まとめ

今回はメルマガの開封率を高めるためのタイトルについてご紹介しました。

タイトルと同様に、もちろんメルマガの内容もメルマガ作成には重要なポイントです。

しかし、そこに到達してもらうためには、まずタイトルに力を入れメールを開封してもらうことが必須条件。

メルマガの内容と並行して開封率を高めるタイトルを意識してみましょう。

タイトルを見直すだけでも、開封率がアップし効率的なメール施策になるかもしれません。

ぜひ今回ご紹介した内容を参考に、タイトルを見直して開封率アップを狙ってみましょう。

SHOHE URA

SHOHE URA

データマーケティンググループ所属。 マーケティング担当者としてデジタルマーケティング全般に従事。 保有資格:GAIQ(GoogleAnalytics認定資格)