catch-img

HTMLメールを使って効果的にプロモーションを行う3つのポイント

かつては敬遠されがちだったHTMLメール。

今やスマートフォンの普及とともに、多くの企業が自社のプロモーションに活用しています。

とはいえテキストメールと比べると、HTMLメールは少々運用が難しい側面があります。

本記事では、HTML配信サービスの導入を検討する前に知っておくべきポイントをご紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.メール配信をHTMLメールで行うメリットとデメリット
    1. 1.1.HTMLメール配信のメリット
    2. 1.2.HTMLメール配信のデメリット
  2. 2.HTMLメール配信の3つのポイント
    1. 2.1.HTMLメール配信のポイント(1):社内制作か外注か
    2. 2.2.HTMLメール配信のポイント(2):スマートフォン対応は必須
    3. 2.3.HTMLメール配信のポイント(3):配信されたメールすべてが同じ表示にはならない
  3. 3.メール配信サービス導入事例:ヒューマンアカデミー様のHTMLメール配信事例
  4. 4.HTMLメールの導入に関してまとめ

メール配信をHTMLメールで行うメリットとデメリット

メール配信をHTMLメールで行うメリットとデメリット

HTMLメール配信をするメリットのひとつは、文字の色や大きさの指定から、画像や動画の挿入まで行えることにあります。

文章だけでなく画像や動画を使うことで、より具体的なイメージを訴求可能です。

また自社のブランドのロゴやイメージキャラクターを使えば、ブランドを強く印象付け、効果的なマーケティングを展開することも可能になるでしょう。

一方で、HTMLメールの作成には多大なコストと時間がかかるというデメリットも存在します。

さらにHTMLとCSS、画像や動画の作成スキルといった、専門的技術が必要です。

画像を作成するデザイナーやHTMLを組むコーダーを集めればその分人的コストは増えますし、メール作成から完了まで関係者のスケジュール調整や工数管理などにかかる時間的コストも発生してしまいます。

HTMLメール配信のメリット

  • 文字の大きさや色を自由に指定可能
  • 画像・動画を使い効果的なマーケティング施策を実現

HTMLメール配信のデメリット

  • 人的コストも時間的コストも大きくかかる
  • HTMLやCSSなど専門的スキルの学習が必要

HTMLメール配信の3つのポイント

HTMLメール配信のポイント(1):社内制作か外注か

HTMLメール配信のポイント(1):社内制作か外注か

HTMLやCSSに関する知識を備えた人であれば自力でHTMLメールのレイアウトを組むことは可能でしょう。

しかし、HTMLやCSS にあまり詳しくないという人でも、HTMLメールを簡単に作成する方法があります。

ひとつはHTMLメールの作成をアウトソーシングするという手法です。

HTMLメールを作成するコーディング代行業者やクラウドソーシングを通じて外注することで作成にかかる時間的コストを削減することも可能です。

もうひとつは、HTMLメール作成に対応したメール配信サービスを使うことです。

サービスによってはテンプレートやエディタが収録されているものもあり、これを使えばコーディングの手間もなく、簡単にHTMLメールが作れます。

このテンプレートとエディタを使うと、ドラッグアンドドロップなど直感的な操作でHTMLメールを作成できます。


弊社はHTMLメールのテンプレート制作を承っています。

  • メールマガジンのテンプレート
  • ステップメールのテンプレート(シナリオも制作可能)

まずは事例集をご覧ください

事例のダウンロードはこちら



HTMLメール配信のポイント(2):スマートフォン対応は必須

HTMLメール配信のポイント(2):スマートフォン対応は必須

総務省が発表した「2019年の通信利用動向調査」によると、個人がインターネットを利用する機器は、スマートフォンが59.5%と、パソコンの48.2%を上回っています。

スマートフォンでメールを確認する人も増加し続けており、この傾向は今後も続いていくでしょう。

このため、作成したHTMLメールがスマートフォンでの表示に対応しているかをチェックすることは当然、必須のプロセスとなります。

メール配信を行う前に、HTMLメール作成時には、スマートフォンでの表示形式に最適化させましょう。

HTMLメール配信のポイント(3):配信されたメールすべてが同じ表示にはならない

HTMLメール配信のポイント(3):配信されたメールすべてが同じ表示にはならない

HTMLメールが、すべての端末で同じように表示されるとは限りません。

メーラーやOS、ブラウザが、HTMLコードに対応しているかどうかで、メールの見え方が変わり、画像のズレや文字化けが起こることもあるからです。

対策としては、メーラーの表示が一度にできる有料ツールを使って、ターゲットである主要なメーラーでの表示を確認しておくとよいでしょう。

また、表示が崩れることを踏まえ、複雑なデザインやレイアウトはなるべく避けるなど工夫する必要があります。

メール配信サービス導入事例:ヒューマンアカデミー様のHTMLメール配信事例

メール配信サービス導入事例:ヒューマンアカデミー様のHTMLメール配信

実際にメール配信サービスを利用してHTMLメール作成を行った事例として、ここでは「クライゼル」を導入したお客様のケースをご紹介します。

このお客様は社会人向けキャリアスクールなどの事業を展開されており、ステップメールの制作を目的に「クライゼル」を導入されました。

導入の結果、電話によるマーケティングでは反応のなかったユーザーもステップメールを読んで申し込んでくれるようになりました。

メールのコンバージョン数は前年比200%を超え、お客様が「メールがセールスマンの役割を担ってくれた」と語る通り、大きなマーケティング実績を残すことに成功したのです。

HTMLメールの導入に関してまとめ

画像や動画を使うことで直感的に分かりやすい内容のメールを作成できるHTMLメールは、メールマーケティングに大きな効果を発揮します。

しかし、その分コストや時間がかかる側面も否めません。

場合によってはHTML作成に対応したメール配信サービスを導入することを検討してもよいでしょう。

クライゼルではHTMLメール配信を効果的に行うための機能を備えています。

また、HTMLメールの制作やTableauでのレポート作成も承っております。

まずはお気軽にお問い合わせください。

資料請求

SHOHEI URA

SHOHEI URA

データマーケティンググループ所属。 マーケティング担当者としてデジタルマーケティング全般に従事。 保有資格:GAIQ(GoogleAnalytics認定資格)