ステップメールで645日未来のママに、
価値ある情報を届ける

ベビーカレンダー 取締役 兼 メディア事業部部長 様

ベビーカレンダーは人生のビッグイベントである「妊娠・出産・育児」を支援する サービスです。現在は妊娠・出産・育児(特にプレママ~1歳児のママまで)の領域に特化し、大きく2つの事業展開を行っています。
1つはメディア事業。妊娠してから出産を経て1歳の誕生日までの645日間、毎日の心配事や必要な情報を、赤ちゃんの成長に合わせて日めくり形式で提供しています。
取り扱っているコンテンツは記事だけでなくレシピや動画、専門家のリアルタイム相談、産婦人科の口コミなど。出産育児に必要な情報を幅広く展開しています。
Webサイトとスマホアプリ両方で情報提供を行っております。
もう1つが産婦人科向け事業。
全国450院以上の施設でご利用いただいている産婦人科様が抱える課題を解決するソリューションサービスです。
「医院の信頼向上と業務支援」、「患者様の安心・安全と満足度向上」を追求し、来院前から退院後まで切れ目なく、アナログからデジタルまで様々なサービスをご提供しています。

ご担当者様の役職・ご担当業務についてお聞かせください。

役職は取締役 兼 メディア事業部部長です。
担当業務ですが、マネジメント以外では、メディア事業(Webサイト・アプリ)における広告営業、およびマーケティング全般です。クライゼルに関しては、メール配信方法の管理・ディレクションを行っています。

メルマガでは具体的にどのような内容を配信されているのでしょうか?

会員の産前・産後のタイミングによって心配事、必要な情報は変化していきます。

例えば、赤ちゃんが生まれ、月齢が5ヶ月を超えた頃には、離乳食を始める時期ということで離乳食の進め方・レシピ等の情報をお届けしています。

ステップメールは具体的にどのような内容を送られているのでしょうか?

上述した日めくり形式と同様の考え方ですが、会員の妊娠週数や産後の赤ちゃんの月齢に合わせた様々な内容のメールを配信しています。データベースに出産予定日、また赤ちゃんの誕生日のデータを登録していますので、そちらの情報にもとづくステップメールという形です。

クライゼルのAPI連携でどのようなことを実現されたのでしょうか?

当社会員データとメール配信システムの統合し、会員向けのメールが配信できるようになりました。これまで使っていた自社の会員フォームを大きく改修することなく、クライゼルと連携させることで、上記のことを実現することができました。
以前は、自社のシステムを利用していましたが、セグメントを切った配信やステップメールのような機能はありませんでした。

クライゼルの導入効果に関しておしえてください。

クライゼル導入により、これまでは実施出来ていなかったメール配信を開始していますので、業務やその所要時間の比較は出来ません。業務改善というよりも、新たなマーケティング施策を獲得した、ということかと思います。
新たな施策という観点では、ステップメールの効果には満足しています。
通常の一斉メールに比べて、月齢に合ったメッセージを送信することで、クリック率など数値的に2倍以上の効果がありました。
また、これまではテキストメールがメインでしたが、最近マルチパートメールの配信も開始しました。その際HTMLメールもスムーズな設定ができました。
その点も満足しています。
そしてクライゼルの利用という観点では個別の問い合わせを行ったことはほぼなく、マニュアルページで解決出来ております。その点も助かっています。

今後の御社のご展望についてお聞かせください。

2020年までに、『ベビーカレンダー』を業界No.1のメディアへと成長させていきたいと思っています。将来的には、プレママから1歳児のママを対象とした現在のサービスから、より幅広いユーザー層に広げていければと考えています。また、日本は少子化まっしぐらですが、アジア各国に目を向ければ、数千万人単位の赤ちゃんが毎年生まれています。
今後は海外進出も積極的に仕掛けていきたいですね。

トライコーンへの要望があればお聞かせください。

今の時代のメールマーケティングの成功事例など、参考情報を都度発信して頂けるとありがたいです。
この度は、いろいろな情報、ご意見を頂き誠にありがとうございました。
今後共よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ

メールやフォーム、CRMのご相談はお気軽に!