有料メルマガ運営・マイページ構築したい

「水道橋博士のメルマ旬報」BOOKSTAND運営事務局 様の事例

クライゼルオプションのサイトサービスは、簡単に会員マイページの作成ができます。
メール配信と組み合わせることで、抽出条件に合わせてページの出し分けをすることができるので、有料会員様限定のページを表示・非表示することも自由にできます。

水道橋博士の有料メルマガとは

月額500円で月2回の配信です。テキスト版、HTML版、スマホで簡単に読めるePub版の3種類があり、 昨年の11月からスタートし、多くのお客様にご購読頂いています。会員様は日々増えております。
津田大介さんより「日本最大メルマガ」のお墨付きを頂いています。 20名を越える豪華な執筆陣で「大人のコロコロコミック」を目指し毎回20万字を越える空前絶後のスケールでお届けしてます。

クライゼルの採用を決めて頂いた理由は

もともと旧システムの「アウトバーン」を利用していたということもありますが、 安定してメールを配信できるだけでなく、会員マイページの運用もやりかったので、 クライゼルオプションの「サイトサービス」と組み合わせることでそれを 実現できることがわかり採用を決めました。
具体的には、お客様が支払い済みの場合にはバックナンバーページを表示する、未払いの場合は表示しない。
という形で抽出条件に応じて会員マイページの出し分けを行っています。 ePUB版ファイルをクライゼルの「ファイル置き場プラス」に設置できる点もポイントでした。

メール配信とマイページ作成の使い勝手は

使用できる項目が多岐に渡っているので、突発的なキャンペーンの設定が非常に簡単ですね。 抽出条件に合わせてページを出し分けできる点も良いです。
あとは、使い勝手というよりは最近のトレンドについてのお話になりますが、 テキストメールを配信する場合に35文字で改行を入れるか入れないかで少し紆余曲折がありました。
スマホでみると端末ごとに見え方が違うので意図的に改行 を入れてしまうと非常に見づらいメールになってしまいます。
結局、どの端末でも閲覧できるように改行は一切入れずに流し込むというスタイルに落ち着いています。

今後の運用についてはいかがでしょうか?

集客のやり方は、サイトでの告知はもちろんですが、twitterで次の配信内容を告知したり、 博士からの提案で初月無料やバックナンバー無料キャンペーンなど各種キャンペーンを行って販促活動をしています。
今後の運用ですが、現在は決済システムでPayPalを利用しているのですが、 申込者が決済フォームとクライゼルの登録フォームにそれぞれ入力する必要があり、 お客様にご面倒を強いている状況なので、「APIサービス」を利用してDBを 自動連携することにより、 1回の入力で完了できるようにしたいですね。
会員数が増えるにつれて課金管理も煩雑になってきているので、その点も解消できれば良いなと考えています。
この度は、いろいろな情報、ご意見を頂き誠にありがとうございました。
今後共よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ

メールやフォーム、CRMのご相談はお気軽に!