フォームWebhook機能

フォームWebhook機能

フォームWebhook機能とは、クライゼルのフォームからデータが登録・更新・削除された際に、その情報を外部のWebサービスにリアルタイム送信する機能です。
※Webhookとは、Webアプリケーションでイベントが実行された際に、外部サービスに対してHTTPで通知する仕組みのことです。
一般的なAPIとの違いは、外部サービスが起点となってデータの送受信を実行するのではなく、アプリケーション側からデータを送信するものになっています。

フォームWebhook機能とは、クライゼルのフォームからデータが登録・更新・削除された際に、その情報を外部のWebサービスにリアルタイム送信する機能です。

フォームWebhook機能の特長

簡単

簡単

APIなどで外部からのデータ受信に対応しているWebサービスとの連携を、短期間で実現することができます。
APIと聞くと難しそうですが、Webhookの場合は比較的難易度が低いです。また、実際の設定方法はクライゼルのマニュアルに掲載しています。
リアルタイム

リアルタイム

Webhookは通常のAPIとは異なり、外部から定期的に実行するようなものではありません。
フォームからデータが登録された際、クライゼル側からリアルタイムに実行されます。
コスト

コスト

Webhook機能はクライゼルのフォーム機能に標準装備されており、追加費用がかかりません。

フォームWebhook機能の詳細

複数設定

複数設定

1つのフォーム上に、複数のWebhookを設定することができます。
クライゼルは、1つのデータベース上に複数のフォームを作成することも可能です。
条件指定

条件指定

Webhookを発動させる条件を絞り込むことができます。
※フォームから登録・更新された顧客データの内容を基準とします。
認証・メソッド

認証・メソッド指定

BASIC認証の有無や、メソッドの種類(GET・POST・PUT・DELETEに対応)が指定可能です。
リクエスト指定

リクエスト情報

エンドポイントのURLやヘッダ、コンテンツタイプ(JSONとx-www-form-urlencodedに対応)を指定できます。
差込記号

差込記号

リクエストボディやエンドポイントのURLに、顧客データの特定の情報を差し込むことが可能です。
その他機能

その他の機能

SMSを利用した二段階認証や"ワンクリックログイン"用のURLをリクエストボディに設定する機能などがございます。

連携可能なサービス一覧

ロゴ_kintone
ロゴ_TREASUREDATA
ロゴ_smslink
ロゴ_slack
ロゴ_MAJIN

各サービスとの連携方法などの詳細につきましては、お問い合わせください。
※Webhook以外で連携可能なサービスもございます。詳しくは「システム連携サービス」

資料請求