メール効果測定機能

メールの効果測定も柔軟に

01
各種レポートをグラフ化でわかりやすく表示!
メール配信の後は、配信数・有効配信数・エラー数・エラー理由・開封数・URLクリック数など各種レポートをグラフで表示できるため、手間なく直感的に確認することができます。過去に配信したメールを選択して比較してレポートを確認することもできるため、効果検証もカンタンに行うことができます。また、GoogleAnalyticsとの連携も可能です。
02
配信エラー理由も細かく把握できます
戻ってきたエラー理由も25通りに細かく表示するので、「アドレスが存在しない」「メールボックスの容量が一杯になっている」「相手先のポリシーにより、受け取りが拒否された」など、恒久的なエラーか一時的なエラーかすぐにわかります。
03
Google Analyticsとの連携も可能
グーグルアナリティクスと連携することでクライゼルの分析機能よりさらに詳しくメール・フォームの分析が可能になります。
1.ユーザーの閲覧ページの把握
2.フォーム内の入力行動、エラーの計測
3.フォームのA/Bテスト
4.メール配信経由のコンバージョン計測
5.ステップメールの効果測定

メール効果測定に関する記事

メルマガは効果測定が重要 | Googleアナリティクスで開封率確認

メールからサイトにアクセスしたユーザーの行動を測定するにはGoogleアナリティクスでいくつか設定が必要です。 今回はメルマガの効果測定について、その重要性やGoogleアナリティクスを活用した測定方法をご紹介いたします。

メール配信の効果測定を行う際に抑えておきたい6つのポイント

メール配信の効果測定を行う際に設定する6つのKPIのポイントをご紹介します。効果的なメールマーケティングを行うには、投資対成果があるか、改善すべき点はどこかについて判断する必要があります。その際に効果測定とKPIの設定が重要です。

お問い合わせ

メールやフォーム、CRMのご相談はお気軽に!