Webフォームを自由に無制限に作成可能!

クライゼルのWebフォームサービスは、お客様のあらゆる目的・用途に応じて、管理画面から幾つでも自由に作成することができます。
例えば、メルマガ会員登録フォームを作成して、さらに会員限定のアンケートフォームやプレゼント応募フォームを同時に公開することも可能です。
クライゼルのWebフォームサービスは、お客様のあらゆる目的・用途に応じて、管理画面から幾つでも自由に作成することができます。 例えば、メルマガ会員登録フォームを作成して、さらに会員限定のアンケートフォームやプレゼント応募フォームを同時に公開することも可能です。

Webフォームでできること

  • Salesforceやkintone等の他クラウドサービスとリアルタイム連携できるフォーム
  • 公開日時設定や受付人数制限ができる
  • カレンダーから選べる
  • ファイル添付フォーム(png.jpg,word.ppt,pdf)
  • 重複登録を防げる
  • LP型の予約フォーム
  • セキュリティ面で安全性の高い
  • ステップフォーム
  • マトリックス型アンケート

クライゼルのWebフォームの利用用途は多岐にわたります。
資料請求フォームやお問い合わせフォーム、アンケートフォームなど目的に応じてWebフォームを作成・運用することが可能です。

もちろん複数ページにわたるステップフォームや条件分岐も簡単に設定できます。
また、外部サービスとのリアルタイム連携も簡単に行える機能を備えています。

たとえば、以下のようなことが可能です。

  • Webフォームに入力があった際にSlackに通知を送信
  • Webフォームから登録があった際に、SMSサービスと連携し二段階認証を実行

連携可能なサービス

クライゼルのWebフォームで連携できるサービスはこちらからご覧ください。
Webフォームに連携できる機能

Webフォームを使った施策

クライゼルを使った施策例はこちらからご覧ください。
クライゼルのWebフォームを使った施策

Webフォーム作成機能の特長

一度作成したWebフォームを丸ごとコピーできます

  • 日付は違うけどそれ以外の内容はほとんど同じ
  • 同様のフォームをいくつもも作成する必要がある

このような場合、コピー機能でWebフォームを複製することができます。
差込記号も変換された形で複製されるため、新しく設定を施す手間はかかりません。
コピー機能は、データベースごとコピーもできますし、Webフォーム単位でのコピーも可能です。
自動返信メールの設定などもそのままコピーされます。

複雑な条件分岐に応じたステップフォームや自動返信メールを送ることが可能

Aを選んだ人には「A用」のステップフォームと入力完了時自動返信メール文面を、Bを選んだ人には「B用」のステップフォームと入力完了時自動返信メール文面を設定することができます。
もちろん文面内に、お名前やメールアドレス、回答内容などを差し込むことも可能です。

管理者向けのアクション通知メールもあります

クライゼルでは複数の管理者を設置することが可能です。
お客様からお問合せがあった場合、内容ごとに担当の方が違う場合があります。
そんな時でも、条件に応じて通知メールの飛ばし先を変えることができますので、問合せ対応もスムーズに行えます。
もちろん、文面内容も差込可能なので問合せ内容ごとに違う文面を送信することもできます。

Webフォーム作成に関する記事

「クライゼル×kintone」で自社の多彩な業務を効率化する方法

WebCRMツールであるクライゼルとkintoneを組み合わせた活用方法です。社内の情報の一元管理に強いkintoneと、Webフォームやメール配信機能など社外とのやり取りに強いクライゼルは、補完し合う最強の組み合わせ。この記事では「クライゼル×kintone」の具体的な活用方法をまとめて解説します。

kintoneのアプリ間連携や、kintoneと他ツールとのデータ連携を行う方法

kintoneはkintoneのアプリ間や他のクラウドツールとのデータ連携ができるシステムです。データ連携をすることで、kintone内で一元的にさまざまな業務を管理できるため、業務効率化や生産性向上が期待できます。本記事では、kintoneでアプリ間データ連携や自社導入済みの他ツールとのデータ連携をする方法、具体的なkintoneでの連携サービスの用途をご紹介していきます

アンケート調査にkintoneを活用して業務効率化を実現する方法

本記事では、kintoneを利用したアンケート・調査の活用例から作成方法、注意点までをまとめました。Webアンケートの導入を検討している場合やアンケートにおける業務効率化を実現したい場合には、ぜひ参考にしてください。

お問い合わせ

メールやフォーム、CRMのご相談はお気軽に!