SSL通信標準対応フォーム

SSL通信とは

SSL(SecureSocketLayer)とは公開鍵暗号や秘密鍵暗号、デジタル証明書、ハッシュ関数などのセキュリティ技術を組み合わせ、データの盗聴や改ざん、なりすましを防ぐことができる技術のことです。

SSL通信標準対応フォームの特長

01
SSL暗号化通信で安全に送信できます
管理画面や公開フォームはSSL暗号化通信に標準対応しています。大事な個人情報を暗号化通信で安全に通信します。格納されるデータは24時間監視されているデータセンターにて厳重に管理されますので、安心して利用することができます。
02
独自ドメインに対応しています
クライゼルで生成したフォームURLはデフォルトだと(https://krs.bz/お客様ID/m?*****)となります。しかし、バーチャルドメインのオプションをお申込み頂くことで、お客様のご用意された独自ドメインでお問合せフォームや資料請求フォームなど各種フォームを作成することも可能です。もちろん独自ドメインの場合でもSSL通信は標準対応となりますので、セキュリティ面でも安心してご利用ください。
※独自ドメイン・SSL証明書は別途ご用意していただく必要があります。
03
スマートフォンのフォームにも対応しています
スマートフォン(iPhone・Android)にも表示対応できるフォームでもSSL標準対応です。

SSL対応フォームに関する記事

SSL化に対応したフォーム作成サービスの選び方5つのポイントを解説

問い合わせフォームや会員登録フォームなどユーザーの個人情報を送受信する入力フォームは狙われやすく、各企業は重点的に対策する必要があります。本記事ではSSL化の概要やメリット、またSSL化に対応したフォーム作成ツール選びのポイントを解説していきます。

SPFとは?SPFを活用し迷惑メールを防ぎ確実なメール配信を行う

SPFは迷惑メールやなりすましメールなどのトラブルを防ぐために用いられる、送信ドメイン認証技術。中でもスパムメール対策に強みを持っています。本記事はSPFをはじめ、類似するDKIMも合わせて解説しています。

DKIMとは?送信ドメイン認証を理解して迷惑メールを回避しよう

DKIMは迷惑メールやなりすましメール、メール内容の改ざんを検知できる、ドメイン認証技術です。DKIMをはじめ類似するSPFやDMARCとの違い、迷惑メールやなりすましメールの防ぎ方をご紹介いたします。

お問い合わせ

メールやフォーム、CRMのご相談はお気軽に!