catch-img

メルマガだけでなくメールマーケティングを

消費者に商品を販売するためのマーケティング手法としてメールマーケティングがあります。
数年前までは、全てのターゲットに同じコンテンツを同じタイミングで配信するメルマガが主流でした。
一方、近年台頭してきているメールマーケティングは適切なコンテンツを適切なターゲットに適切なタイミングで配信し、商品やサービスを販売することを指します。

そもそもマーケティングを行う目的は、商品購入や問い合わせ、資料請求といったコンバージョンを高め、お客様の価値を高めることです。
また、マーケティング担当者であれば、これらのコンバージョンを効率的に獲得することが目的です。

そこで今回の記事では、
・最適なマーケティングを用いる必要性と他の手法との比較
・メールマーケティングの概要とメリット
・最適なメールマーケティングを行うためのポイント
について解説していきます。


目次[非表示]

  1. 1.最適なマーケティング手法を用いる必要性
    1. 1.1.メルマガとの比較
    2. 1.2.LINEとの比較
  2. 2.メールマーケティングとは
    1. 2.1.メリット1 コストパフォーマンスが優れている
    2. 2.2.メリット2 リーチの幅
  3. 3.適切なメールマーケティングを行うために
    1. 3.1.最適なコンテンツ選定
    2. 3.2.最適なターゲット選定
    3. 3.3.最適なタイミング選定
  4. 4.メールマーケティングについてのまとめ

最適なマーケティング手法を用いる必要性

ビジネスを行う上で、企業であっても個人であってもマーケティングは欠かせない戦略の1つです。
集客し商品やサービスが大量に効率的に売れ、利益になることこそが、ビジネスの何よりの目的だからです。

そして、最もコストパフォーマンスの優れているマーケティング手法を活用することが、結果的にビジネスで成功するための近道であることは誰もが留意していることでしょう。
というのも、できる限りコストを抑えて最高のパフォーマンスを出すことが利益に直結するからです。

そこでメールを活用したマーケティングは、コストを抑えて商品やサービスを販売することができるという面で最適なマーケティング手法です。
一方で、テレビ広告や新聞広告、雑誌広告、インターネット広告といった手法はコストの面で危惧を覚える方も多いでしょう。
また、マーケティング担当者は、限りある資金の中で効率的にコンバージョンを獲得することを求められます。
そこで、メールマーケティングは最適な手段となります。

メルマガとの比較

メルマガとは、的確なマーケティングを行うことのできるメールマーケティングとは異なり、企業や個人がメールを活用して全てのターゲットに同じコンテンツを同じタイミングで配信することを指します。
そのため、一斉に送信することが可能なので、比較的低価格でシステムの導入も容易であることから多くの企業や個人で導入されてきました。

読者の目線から考えると、適切な情報を与えてくれるメルマガの価値は減少しています。
というのも、SNSが台頭したことによって、様々な価値観や思考が溢れている現代においては、ニーズが細分化されているからです。
すると、マス向けの情報は、個人の満足のできる情報ではなくなってきているからです。

結果的に、読者にとって有益ではないメルマガが多くなり、メールを最後まで読む読者は減少しています。
また、そもそも開封しない読者も多いのが現状です。
一方で、的確な情報を配信することのできるメールマーケティングを用いることで、開封率が上がることはもちろんのこと、最後まで読む読者も多い傾向にあります。

LINEとの比較

メルマガに変わる媒体として近年、注目を集めている「LINE」。無料で導入できることから、特に個人レベルのビジネスでは活用している方が多く見られます。
現在LINEのユーザー数は8200万人を越えており、見込み客という視点で見れば大きなポテンシャルを持っているということは確かでしょう。

メールマーケティングと比べると、適切なタイミングでコンテンツをターゲットに配信することも可能ではあるのですが、個別配信が可能なシステムを導入する必要があります。
ターゲットに合わせて適切な配信媒体を選ぶことでユーザーとのコミュニケーションは最適化されますが、マーケティング予算に対する費用対効果を見極めてから、LINEでの配信 を検討した方がいいでしょう。

メールマーケティングとは

メールマーケティングは収益を伸ばすことにおいて、コストパフォーマンスが優れているマーケティング手法の1つです。
これは文字通り、メールを活用したマーケティングのことを指し、企業や個人の保有する顧客リストへメール配信することで、商品やサービスの販売することを目的としています。

近年は特に消費者の多様化に伴いニーズもより細分化されています。
そして、何よりSNSをはじめとして個人が情報を気軽に発信することのできるような土壌が整ってきたことによって、消費者のニーズが可視化されるようになってきています。

結果として、従来のような大量消費・大量生産時代に当てはまったような、マスに向けたテレビ広告のようなマーケティングでは対応できなくなりつつあるのです。
そこで、消費者のニーズにコミットしたマーケティング手法が必要になってきています。
つまり、消費者のニーズを的確に捉え、的確なアプローチを行うことができなくなれば、商品やサービスの販売、問い合わせ、 資料請求といったコンバージョンを獲得することもできなくなっているのです。

メリット1 コストパフォーマンスが優れている

メールマーケティングの最大のメリットはコストパフォーマンスが優れていることです。
まず、コスト面。基本的にほとんどのメール配信システムでは、送信回数に制限がないので、1通あたりの費用も1円未満で抑える事ができます。
目安として開封率が15%以上、メール内にあるリンクのクリック率が1%以上になるようにしましょう。しかし、メール経由でリンク先のページに 遷移しても、そこで離脱したら意味がありません。
たとえば、リンククリックしたユーザーに対しリマーケティング広告の配信や、クリックユーザーに対してメール配信を設計をすることで、 メールマーケティングの効果はより効果を発揮します。
メールマーケティングのみで完結させようとするのではなく、広告やSNSなどの異なるコミュニケーション媒体とのかけ合わせを意識しましょう。

メリット2 リーチの幅

SNSからの流入を考えてマーケティングを行う方は多くいらっしゃいますが、SNSの利用者は世界で25億人と言われています。
一方で、メールアカウントは50億アカウント存在すると言われています。結果的にメールマーケティングは多くのユーザーにリーチする事が可能になっているのです。
ただしリーチの数は多いですが、闇雲に配信しても全く効果がありません。誰でも当てはまるような内容はユーザーには刺さりません。誰のどんな課題を解決するものなのか、 配信のタイミングや、コンバージョンまでの導線をしっかりと計画して実行する必要があります。

適切なメールマーケティングを行うために

ここからは、実施に適切なメールマーケティングを行うためのポイントを、
・コンテンツ
・ターゲット
・タイミング
の3つの視点から解説していきます。メールマーケティングではこの3つを網羅的に捉えることで最も効率的なコンバージョンを獲得することができます。

最適なコンテンツ選定

まず、1つ目が最適なコンテンツを配信するために必要なことです。
近年のマーケティング活動において、重要なのはマスではなく個人へ向けたコンテンツ作成になります。
メールマーケティングを用いることで、メールの件名や本文に顧客名や企業名、担当者名を差し込むことができます。
これによって個人へ宛てた私的なコンテンツになります。結果、見込み客が当事者意識を持つことになり、コンバージョンを高めることに繋がります。
具体的には「件名:~様」「本文:~様」といった表記になるので見込み客の注目を集めることに寄与してきます。

従来のようなマスへ向けたメルマガでは、このような個人へ向けたメールを作成することは困難でしたので、結果的に当事者意識を持てずコンバージョンにも繋がりにくいという現象が起きていました。

最適なターゲット選定

2つ目が、最適なターゲット選定が行えることです。ここで重要なのは細分化されたターゲット選定になっていることです。
メールマーケティングを用いることで性別や年齢、地域、趣味などの属性を絞り込むことができます。従来のメルマガでは、この点も区別されることはなかったでしょう。

また、メールの開封やクリックの有無、ページの訪問、登録などの行動パターンを可視化することもできるようになっています。
これによって、読者の行動に合わせたアプローチを行うことができるようになります。
結果、それぞれの行動に合わせたコンテンツを使い分けることができるようになり、読者に合わせたコンテンツを表示することができるようになっています。

最適なタイミング選定

最後が、最適なタイミングを図ることです。
配信内容や目的にもよりますが、読んでほしいコンテンツがある場合、月曜日と金曜日に配信することは避けた方がいいでしょう。
月曜日は週のはじめでメールリストに埋もれてしまいがちであり、金曜日は週の終わりなので開封率は変わらないですが、その後の リンクのクリック数やその先にあるCVはあまり見込めません。
しかしながら、ターゲット層やサービス・商品によって最適な配信タイミングは異なるので、試行錯誤を続ける必要があります。

メールマーケティングについてのまとめ

今回の記事では、
・最適なマーケティングを用いる必要性と他の手法との比較
・メールマーケティングの概要とメリット
・最適なメールマーケティングを行うためのポイント
以上の3つについて解説してきました。

適切なコンテンツを適切なターゲットに適切なタイミングで配信し、収益の最大化を図ることができるメールマーケティング。
他のマーケティング手法に比べコストパフォーマンスの最も優れているものの1つになるので今回の記事を参考に実践していってください。

よく読まれる記事

タグ一覧

ページトップへ戻る