外部システム連携

クライゼルは外部のデータベースと連携することでさらに有効な使い方ができます

CRM効果は連携してこそ効果発揮

クライゼルは様々なシステムと連携するAPIをご用意しています

自社内に設置してある基幹データベース、インターネット上で商品販売を行うECサイト、レジ周りにあるPOSシステム。CRMの現場では様々な顧客管理システムが存在しています。 クライゼルでは、このような様々なシステムと連携することを可能にするAPIサービスをご用意しています。 システム間の顧客情報のデータ連携を手動で行うと人的な手間がかかりますし、ミスも発生しがちです。連携頻度が高い場合は、システム間で自動連携を行い、このような問題を解決することができます。 「顧客へメールを送りたいタイミングを逃したくない」「顧客の購買履歴や、個人のセグメントに応じたアプローチをしたい」といった場合は必要な機能となります。

基幹データベース情報を使いプロモーション

基幹データベースとメール配信を連携させることができます

お客様が自社で運用している基幹データベースのシステム。このシステムでは大量のメールを高速に配信する機能はなく、クリックレートの分析や配信エラーメールの管理もうまく行えません。 そのような場合は、クライゼルとお客様の基幹データベースとをデータ連携させ、クライゼルの高度なメール配信機能をご利用いただくことができるようになります。

プロモーションの結果を基幹に戻す

配信後の結果をデータベースに戻すAPIがあります

クライゼルから配信したメールの配信結果をAPIを利用することにより基幹データベース側に反映させることも可能です。 これにより、基幹データベース側で「この顧客のメールアドレスはもう無効になっている」「この顧客はよくメールマガジンに反応しているため、個別にアプローチしてみよう」といった顧客情報の活用も行うことができるようになります。

購買金額ごとにプロモーションをする

POSシステムと配信システムを連携してみる

店舗でのお客様の購買履歴からいかに効率よくお客様にアプローチするか。このような課題をお持ちのお客様も多いのではないでしょうか?店舗でお使いのPOSシステムですと、購入金額、購入頻度、最終購入日時など非常に多くの情報が含まれているかと思います。これらの情報を精査し、メール配信に必要な情報を手動でアップロードするのはかなりの人的コストを必要とします。 例えば、POSシステムにある顧客データの精査をシステム化し、クライゼルへのアップロード処理も自動化、メールの配信設定も自動化させることができたら、人的コストを抑えつつ、顧客に効果的なアプローチを行うことができるでしょう。 クライゼルのAPIサービスを利用することにより、こういった高度なシステムを構築することも可能になります。

外部システム連携に関して
よくあるご質問

  • Q外部システムとは何ですか?

    A

    基幹系のデータベース、POSシステム、マーケティングオートメーションシステムなど、いろんなシステムのことを指しています。

  • Q連携するにあたり具体的な方法はなんですか?

    A

    APIを使っての連携が主流です。その他、FTPを使った連携、WEBフォーム、ファイルを使った連携なども実現可能です。