HTMLメール

デザインで訴求力を高めて販促効果を向上させましょう!

HTMLメールでできること

HTMLメールはWEBサイトのようにビジュアルを実現できるメール

絵で見せるメール(HTMLメール) WEBサイトのように絵でリッチな表現でメールを見せたい場合に利用するメール配信形式です。

HTMLメールを送ることで、読者が理解しやすいメールを追求することができます。 以前はECサイトを中心に利用されておりましたが、現在は、全業種にわたり普及してきたました。

また、スマートフォンユーザの増加に伴い、スマートフォンでもパソコンでも、どちらで閲覧してもしっかりと表示されるレスポンシブHTMLメールが利用されるケースが増えてきています。 クライゼルを使えば、HTMLメールも、レスポンシブHTMLメールもしっかりと送ることができます。(メール用のソースコードを作成する必要があります。)

HTMLメールはクリック率に加えて開封数も取得できます

テキストメールを送った場合の主たるメール効果測定指標は、クリック率となります。ところが、HTMLメールを送ると、クリック率に加えて、開封率という指標を取得することができます。

HTMLメールを送ると、テキストメール以上に、細かい指標を取得することができますので、ユーザの動きをより詳細に把握することができ、PDCAに活かすことができます。

HTMLメールを送ることで高いコンバージョンを計測できています

HTMLメールはビジュアルで表現できますので、読者に対する訴求力が高まります。そのため、クリック率やコンバージョン率といった効果指標は、一般的には高まります。

メール配信の効果を高めたいと思っている方は、HTMLメールの配信に取り組んでみてはいかがでしょうか?

HTMLメール運営のポイント

目的の設定

HTMLを制作するときには、テキストメールを制作するときに比べて、コストがかかります。そのため、せっかく作るのであれば、どうしてHTMLメールを送るのか?HTMLメールを送った結果、どういった効果を期待しているのか?はあらかじめ明確にしておきましょう。

複数デザインの作成(A/Bテストの実施)

HTMLメール運営において、効果を出すためには、ABテストを実践することが有効です。ランダムに配信母数を分けて、2通りのHTMLメールを送信し、配信結果の確認をすることで、御社の読者が好むデザインテイストやコンテンツを把握することができます。

複数端末・複数ブラウザの表示テスト

メール受信する端末は、パソコン・タブレット・スマートフォンが主たるものとなっています。メールソフトは複数種類ありますし、WEBメールを使っている人も多くいます。スマートフォンでメールをチェックする人は、ブラウザでチェックする場合と、アプリでチェックする場合があります。 こうなると、メールを受信する環境は、多種多様に分かれています。もしかしたら御社が作成するHTMLメールは、端末によっては意図したデザインで表示されないかもしれません。
本番のメールを送る前に、複数のメール受信環境でテストすることを推奨しています。

以下の画像はすべて同じHTMLメールのソースコード、配信条件も同一にした場合に表示したHTMLメールです。 左から、Gメール・Yahooメール・キャリアメールです。(いずれもスマートフォン) それぞれ見るとわかるように画像の見え方が異なります。キャリアメールでは画像そのものが表示されない現象が起きています。 このようにレスポンシブ対応のHTMLメールであっても、端末によって表示が異なります。配信前の複数端末での検証は必要だということがわかります。

HTMLメールの表示テストをした結果

HTMLが見えない人たち向けの対策

上述した通り、HTMLメールが意図したデザインで見えない場合があります。そんな時のために、メールが見えない方々に対して、WEB上でメールを見せてあげると、作ったHTMLデザインがより多くの方の目に触れる可能性があります。

クライゼルでHTMLメールを運営する時のメリット

HTMLメールをマルチパートで配信することができる

ABテストで使うための母集団を作成することができる

WEBコンテンツを設置できるサイトサービスを用意している

HTMLメール運営時の注意点

継続的にHTMLメールを作成できる体制

読者ニーズから判断する必要性

スマートフォン向けの表示

配信前の複数端末によるクリエイティブチェック