HTMLメール配信システム

HTMLメールならデザイン訴求力が高まります!

HTMLメールとは

HTMLメールはWEBサイトのようにビジュアルを表現できるメール

HTMLメールの表現力 WEBサイトのように絵でリッチな表現でメールを見せたい場合に利用するメール配信形式です。

通常のメールはテキストメールといってテキストだけが表示されるメールです。これだと表現力の制限を感じることがあります。 そういった場合に、表現力が豊かなHTMLメールを利用します。

HTMLメールを送るときには、通常のWEBサイト制作で利用するHTMLタグをメール用に作成して送付します。

作成したHTMLタグをHTMLメール配信対応のシステムを使うことで、HTMLメール配信をすることができます。

テキストメールマーケティングより新しい印象を与えるHTMLメール

過去はセキュリティ問題やメールソフトがHTMLメールに未対応などの理由から、がテキストメールによるメールマーケティングが主流でした。 テキストメールで見た目のデザインの差別化をするときに、署名やコンテンツでテキストアートを使うのが一般的でした。 昨今はECサイトユーザが販促を強化したい、メーカがブランド表示を強化したいなどの目的で、 HTMLメールを利用することが増えてきました。
多くの企業がHTMLメールを使い始めると、メールマーケティングの表現力が豊かになり、テキストメールを送ると古い印象を 与えてしまうことから、他の企業様もHTMLメールによるマーケティングを採用し始めました。

HTMLメールは効果が上がることが多い

HTMLメールは表現力が豊かですので、読者に対する訴求力が高まります。 その結果、クリック率やコンバージョン率といったメールマーケティングの効果数値が、一般的に高くなります。 これがHTMLメールによるマーケティングを採用する企業が増えている大きな理由ではないでしょうか。 メール配信の効果を高めたいと思っている方は、HTMLメールの配信に取り組んでみてください。

HTMLメールは効果測定がテキストメールよりも細かくできる

テキストメール配信後の効果測定指標はクリック数が主たる数値となります。 ところが、HTMLメールを送ると、クリック数に加えて、開封数という指標を取得することができます。 HTMLメールはHTMLタグを使ったメール配信手法です。HTMLタグを駆使することでテキストメールではできない開封数の取得が可能になります。 HTMLメールはテキストメールよりも細かい効果測定が可能になりますので、ユーザの状況をより詳細に把握することができます。 このこともHTMLメールマーケティングが増加傾向にある理由ではないでしょうか。

HTMLメール配信の手順

目的の設定

HTML配信に関わらずマーケティング活動の基本ですが、目的の設定が第一になります。どうしてHTMLメールを送るのか?HTMLメールを送った結果、どういった効果を期待しているのか?はあらかじめ明確にしておきましょう。 また、HTMLメールを使ってどのような印象を与えたいのか?を細かく考えておきましょう。 更には、運営体制が明確になっていると、この先のプロセスで役立つこともあります。

メールの骨組み(ワイヤーフレーム)の確定

HTMLメール運営の目的設定フェーズで決めた内容に基づき、コンテンツブロックとその配置を検討します。WEBサイトのワイヤーフレームと同様の考え方です。 ただしHTMLメールのワイヤーフレームはWEBサイトのワイヤーフレームに比べて縦長・横カラム少な目など、読者のユーザビリティを配慮すべきことがあることをご理解ください。

デザインの作成

画像加工ソフトなどを活用してデザインを確定します。SEOを考慮する必要がないので、画像中心のコンテンツにしてもよいという考え方がありますが、 送信メールデータが重くなりすぎるのは、読者のユーザビリティを悪化させますので、お気をつけてください。

メール用のHTMLコーディング

メールに適したHTMLコーディングを行います。WEBサイトとは少々異なる作成方法があります。メール配信システムの仕様やメールソフトの表示仕様をあらかじめ調べておきましょう。

HTMLが見えない人たち向けの対策

HTMLメールはメールソフトや読者環境によっては、意図したデザインで見ることができない場合があります。そんな時のために、メールが見えない方々に対して、WEB上でメールを見せてあげると、作ったHTMLデザインがより多くの方の目に触れる可能性があります。

複数デザインの作成(A/Bテストの実施)

メールマーケティングにおいて効果を出すためには、ABテストを実践することが有効です。ランダムに配信母数を分けて、2通りのHTMLメールを送信し、配信結果の確認をすることで、御社の読者が好むデザインテイストやコンテンツを把握することができます。

メール配信システムへのソースコードの投入

メール配信システムにメール用HTMLソースコードを設定しましょう。システムにより、画像、HTMLソース範囲、開封数設定方法が異なります。 メール配信システムの仕様に合わせて、ソースコードを設定しましょう。

メール配信システムを使ったテストメール配信

企業様が行うメールマーケティングでは、必ず、テストメールの配信を行いましょう。 コンテンツミス、表示ミスが発生すると、機会損失が非常に大きくなります。 またテストメール配信が簡単にできるシステムを選ぶことも、御社の業務工数を余計に増やさないために必要な作業です。

複数端末・複数ブラウザの表示テスト

メール受信する端末は、パソコン・タブレット・スマートフォンが主たるものとなっています。メールソフトは複数種類ありますし、WEBメールを使っている人も多くいます。スマートフォンでメールをチェックする人は、ブラウザでチェックする場合と、アプリでチェックする場合があります。 こうなると、メールを受信する環境は、多種多様に分かれています。もしかしたら御社が作成するHTMLメールは、端末によっては意図したデザインで表示されないかもしれません。
本番のメールを送る前に、複数のメール受信環境でテストすることを推奨しています。

以下の画像はすべて同じHTMLメールのソースコード、配信条件も同一にした場合に表示したHTMLメールです。 左から、Gメール・Yahooメール・キャリアメールです。(いずれもスマートフォン) それぞれ見るとわかるように画像の見え方が異なります。キャリアメールでは画像そのものが表示されない現象が起きています。 このようにレスポンシブ対応のHTMLメールであっても、端末によって表示が異なります。配信前の複数端末での検証は必要だということがわかります。

HTMLメールの表示テストをした結果

本番メール配信

十分なテストの後には、本番のメール配信を行いましょう。

メール配信後の効果測定

本番配信の1週間経過後あたりで、効果測定を行いましょう。基本的な指標である配信数、エラー数、開封数、クリック数、コンバージョン数は必ず取得しましょう。 また元々目的設定した内容が意図通りに実施できたか?などの確認も必要です。

クライゼルでHTMLメールを運営する時のメリット

HTMLメールをマルチパートで配信することができる

HTMLメールのプレビュー機能で表示を確認することができる

ABテストで使うための母集団を作成することができる

HTMLメールが見えない人用のコンテンツを用意できるサイトサービスを用意している

オプトアウト画面やHTMLメールアンケートを実施できるフォームサービスがある

開封数、クリック数やその推移が簡単にわかるグラフを見ることができる

HTMLメール運営時の注意点

HTMLメールの作成と運営の組織体制

スマートフォン向けの表示に関する配慮

HTMLメールテンプレートの準備