ステップメール配信

顧客に対してOneToOneのメール対応を行うためにステップメールが有効です!

ステップメールで顧客体験の向上を!

誕生日や購入日など日付情報を起点として
自動的に連続メール配信をすることをステップメールといいます

顧客の「登録日」「更新日」「誕生日」「購入日」「資料請求日」などの日付情報を起点として、フォローメールを適切なタイミングで何回も自動配信することをステップメールといいます。ステップメールは、ストーリーメール配信や資料請求後のフォローアップ、バースデーメール配信、定期的なリマインドメールなど、予め設定したスケジュールに沿って様々なメールが設定可能なため、アイデア次第で様々な利用方法が可能となります。

また配信するメール文面には、顧客情報の自動差込みはもちろん、属性に応じて文面情報の差込みも行うことができます。文面はテンプレートとして登録しておけますので、煩わしい作業も軽減できます。

シンプルな設定から複雑な設定まで、安価なツールにはない機能がクライゼルには備わっています。是非、無料ステップメールシステムと比較してみてください。実現できる施策が違うことをご理解いただけます。

ステップメールとは

ステップメール配信の活用事例

ステップメール事例1:誕生日の方にバースデーメールでクーポンを配信し、来店促進!

今日が誕生日の方を毎日システムが自動で抽出してきて、自動的にメール配信してくれます。誕生日限定で割引クーポンを配信することで来店促進が図れます。

誕生日の方にバースデーメールでクーポンを配信し、来店促進!

ステップメール事例2:健康食品サンプル品を購入の方にフォローアップメール配信で売上アップ!

1週間で終わるサンプル品をお申込み頂いたお客様に対し、一定間隔にフォローアップメールを配信することで本購入に結び付ける。

健康食品サンプル品を購入の方にフォローアップメール配信で売上アップ!

ステップメール事例3:セミナー参加希望者に対し、参加前と参加後にフォローアップメール配信!

セミナーの3日前にリマインダーメール配信、セミナー参加後にはアンケート記入の依頼、1週間後には商品の紹介などをメール配信。

セミナー参加希望者に対し、参加前と参加後にフォローアップメール配信!

上記のようにステップメールを自動で配信することにより、日々の作業コストも軽減され、顧客に対しても適切なタイミングで配信することが可能となります。

ステップメール配信のプランニング方法

カスタマージャーニーの作成

御社とお客様の接触関係をしっかりと把握しましょう。実際の接触データを元に作成する方法や、関係各部署の方と討議の上作成する方法があります。

コンタクトポイントの分析

お客様と接触するコンタクトポイントにおける読者の状況・気持ち・不満点などに関して細かく分析しましょう。

コンテンツ・デザインの確定

コンタクトポイントの分析結果を元に、コンテンツやデザインを確定していきます。デザインはスマートフォンにも綺麗に表示されるレスポンシブHTMLメールをおすすめします。

一定期間経過後の効果測定

一定期間経過後、送信数、閲覧数、クリック数、コンバージョン数の計測を行い、効果向上のボトルネックや改善ポイントを見つけましょう。

ステップメール事例のご紹介

ヒューマンアカデミー株式会社様

ステップメールやHTMLメールの最適化を行い、コンバージョン率を高めております。

サービスメニューに関して
よくあるご質問

  • Q1ステップメールは効果があるのでしょうか?

    A

    ステップメールではお客様の状況に合わせたメールを送信することが可能です。
    お客様の状況に合わせたメールは、通常、高い閲覧率・クリック率を計測することができます。

  • Q2ステップメールはどのように企画すればいいでしょうか?

    A

    まず読者の目線でシナリオを作ることをご提案します。シナリオ作成の際には、ペルソナやカスタマージャーニーを作成することが多くございます。

  • Q3クライゼルのステップメール機能は、他のシステムと何が違うのでしょうか?

    A

    設定できる機能数が違います。柔軟に設定ができる仕様となっていますので、御社が検討されている施策を確実に実現することができます。