リレーショナルDB

複数DBで効率良く管理

リレーショナルデータベース サービス紹介

複数データベースで顧客情報を効率良く管理

複数のデータベースを作成し様々な顧客の管理が可能です。顧客情報をマスターデータベースに格納し、行動履歴や購買履歴を他のデータベースに格納。
それらのデータベースを紐付けることでより効率的に顧客管理を行うことが可能となります。

複数の異なるDB

活用事例1:クライゼル連携オプション"FutureShop2"で効果的なWEBマーケティング!

リレーショナルデータベースの機能を使った事例としまして、「FutureShop2」との連携があります。
「FutureShop2」は、本気でECをやりたい店舗さまが売上を伸ばすために使える機能を揃えたECサイト構築サービスです。

クライゼルと連携する事により、購買情報と会員情報に基づいたメール配信や、店頭(リアル)のメルマガ会員とEC顧客の自動紐付け、メルマガによる購買動機への寄与効果の測定が可能となります。

活用事例1