データベースサービス

複数人数利用時に権限管理できる高機能クラウドシステム

機能豊富・操作や連携カンタン・セキュリティも十分

データベースは様々なデータ・情報が
蓄積される非常に大切な部分です。
大切な場所だから、
便利と安全という両面を
満たす必要があります。
そこでクライゼルでは、
単にセキュリティを高めるという
ハード面だけでなく、
複数のデータベースを別々に管理したり、
管理者によって利用できる
データベースを割り当てられるよう、
ソフト面にもこだわりました。

顧客データ管理用・メール配信用・キャンペーンデータ保存用・メールアドレス管理用

データベースサービスの特徴

  • 特徴1 複数のデータベースを幾つでも自由に作成!

    様々な情報を管理するデータベースは、部署毎・サービス毎・ブランド毎・店舗毎…など、お客様のあらゆる目的・用途に応じて、管理画面から自由に作成することができます。

    サービスA
    顧客データベース

    サービスC
    顧客データベース

    サービスB
    顧客データベース

    営業部
    顧客データベース

    広報部
    顧客データベース

    総務部
    顧客データベース

  • 特徴2 豊富な顧客管理機能で、らくらくメンテナンス!

    データベースに蓄積されている顧客データに対して、細かい条件を指定した詳細検索、一覧表示からの検索、名寄せ、データの一括置換、個別メール送信など様々な操作を行うことができます。
    また、顧客データの一括アップロード、一括ダウンロードを行うこともできます。

    データベース検索
    一覧表示

    個別登録
    変更・削除
    メール送信

    データアップロード
    データダウンロード

    データ置換

    データベース結合

    名寄せ

    リレーショナル
    データベース

  • 特徴3 多彩な権限管理で顧客データをセキュアに管理!!

    クライゼルは管理画面のログインアカウントを必要な数だけ自由に作成することができます。また、管理者のアカウント毎に操作権限も細かく設定できるため、データの機密性を保護しながらご利用頂くことができます。
     
    それぞれの管理者が管理画面で操作した履歴も記録されているため、万一の事態が発生した際の原因追跡などを行うことができます。

    【 データベースAにアクセス可能 】
    顧客データの閲覧・操作はできないが、メール配信設定は可能

    【 データベースBにアクセス可能 】
    顧客データの閲覧・操作、メール配信設定などはできないが、アンケートフォームが作成できる。

    【 データベースCにアクセス可能 】
    顧客データの閲覧・操作ができるが、各種設定変更などができない。

    【 全てのデータベースにアクセス可能 】
    顧客データの閲覧・操作、各種設定作業など、全てのデータベースにおいて、全ての操作ができる。

  • 特徴4 顧客データを直感的に分析し、マーケティングに活用!

    クライゼルでは顧客データの属性情報を、単純集計(棒グラフ・円グラフ・ランキング)、クロス集計でレポートすることができます。また、レポート結果からさらに分析条件を細分化させることで、多次元分析も可能になります。
     
    その他、メールサービスをご利用の際は、メール配信結果と連動したレポートを表示させることもできます。

    顧客データ単純集計(円グラフ)

    顧客データクロス集計

    顧客データ単純集計(棒グラフ)

    会員数推移

データベースに関して
よくあるご質問

  • Qデータベースはどんな役割があるのでしょうか?

    A

    クライゼルはメールを配信したり、フォームの運営が可能なシステムです。
    データベースは、メールを送るためのメールアドレスを蓄積するために設定します。
    また、フォーム登録があった時のデータを蓄積するためにもデータベースを利用します。

  • Qデータベースを使わないときはどうすればいいですか?

    A

    メールを配信するときも、フォームの運営をするときも、必ずデータベースが必要なシステム設計となっております。
    そのため、クライゼルをご利用する際には、必ずデータベースサービスの契約をしていただきます。

  • Qデータベースはシステムを知らなくても利用することができますか?

    A

    クライゼルでは、ほとんどの機能を操作画面上で設定することができます。
    (API、フォームデザイン、サイトデザインなど一部例外があります。)
    データベースについては、すべて操作画面上で設定できるので、プログラムなどのシステム知識がなくても利用することができます。
    データベースの概念は、エクセルと似ています。
    そのため普段エクセルを使っている方であれば、すぐに覚えていただけるものとなっています。