catch-img

有料・無料Webフォーム作成サービスの違いとは?選び方と活用方法を紹介

Webフォームは問い合わせや資料請求、申し込みやアンケートなど、顧客データを取得する際に利用するツールです。

Web上で顧客との接点をもつ機会が増えたことや、業務効率化を目的として、企業ではWebフォーム作成サービスの導入が進んでいます。

本記事ではWebフォーム作成サービスの特徴や選び方などをご紹介します。

合わせてWebフォーム作成サービスの活用方法や具体的なサービスもご紹介します。

この記事のポイント!

  • Webフォーム作成サービスを利用すると、簡単にWebフォームを作成できる
  • Webフォーム作成サービスにはフォーム作成に加え、集計・分析・管理・共有などの機能も備わっている
  • Webフォームを利用する目的や必要な機能面を踏まえてサービスを選ぶことが重要

目次[非表示]

  1. 1.Webフォーム作成サービスとは
    1. 1.1.Webフォームとは
    2. 1.2.Webフォーム作成サービスの特徴
  2. 2.Webフォーム作成サービスの4つのメリット
    1. 2.1.①用途に合わせ手軽にWebフォームが作成できる
    2. 2.2.②プログラミング知識がなくてもWebフォームが作成できる
    3. 2.3.③Webフォーム作成以外の豊富な機能
    4. 2.4.④外部サービスとの連携
  3. 3.Webフォーム作成サービスを選ぶ4つのポイント
    1. 3.1.①目的に合わせた機能を確認
    2. 3.2.②管理画面の使いやすさ
    3. 3.3.③コストパフォーマンス
    4. 3.4.④サポート
  4. 4.Webフォーム作成サービスの活用方法
    1. 4.1.業務効率化の促進
    2. 4.2.Webフォームで取得したデータをマーケティングに活用
  5. 5.Webフォーム作成サービス:無料サービス3選
    1. 5.1.Googleフォーム
    2. 5.2.フォームラン
    3. 5.3.フォームズ
  6. 6.Webフォーム作成サービス:有料サービス3選
    1. 6.1.キューボリクエスト
    2. 6.2.クリエイティブサーベイ
    3. 6.3.クライゼル
  7. 7.特徴を押さえ最適なWebフォームを導入しよう

Webフォーム作成サービスとは

Webフォームではユーザーが企業に問い合わせを行ったり、必要な情報を伝達できます。また企業はWebフォームを通してユーザーにアンケートを行ったり、顧客データの収集も可能です。

まずはWebフォームや、Webフォーム作成サービスの特徴をお伝えします。

Webフォームとは

Webフォームではユーザーが企業に問い合わせを行ったり、必要な情報を伝達できます。

また企業はWebフォームを通してユーザーにアンケートを行ったり、顧客データの収集も可能です。

またフォームという1ページで顧客と企業のやり取りが一貫するものをWebフォームと言います。

Webフォームの用途に応じてフォームの形式は異なりますが、主に以下のような用途で活用されます。

  • お問い合わせ
  • 会員、メルマガ登録
  • 資料請求の申し込み
  • キャンペーンやイベントの申し込み
  • アンケート

Webフォーム作成サービスの特徴

Webフォーム作成サービスでは用途に応じて柔軟にWebフォームが作成可能です。

さらにデータの自動集計や管理など、幅広い機能が備わっている点が特徴です。

またWebフォーム作成サービスは、利用料金によって備わっている機能もさまざまです。

そのためWebフォームを利用する規模、必要な機能などを踏まえて、最適なサービスを選びましょう。

Webフォーム作成サービスの4つのメリット

Webフォーム作成サービスの4つのメリット

Webフォーム作成サービスには、主に4つのメリットがあります。

導入を検討している場合は、スムーズに導入できるようにメリットを押さえておきましょう。

①用途に合わせ手軽にWebフォームが作成できる

一括りにWebフォームといっても、用途に応じて必要な形式はさまざまです。

Webフォーム作成サービスであれば、用途に応じたWebフォームが手軽に作成できます。

例えばお問い合わせや資料請求と一般的なWebフォームをはじめ、キャンペーンやイベント毎にも簡易的に作成できます。

またWebフォーム作成サービスを導入しておけば、突発的なイベントやセミナーを開催でもスピーディかつ手軽に作成できます。

②プログラミング知識がなくてもWebフォームが作成できる

従来はプログラムを組んでWebフォームを作成するケースが一般的でした。

しかしWebフォーム作成サービスが登場したことで、プログラミングの知識・スキルがなくてもWebフォームが作成できるようになっています。

多くのWebフォーム作成サービスでは、あらかじめテンプレートが用意されており、必要な項目を選択・作成するだけで完成します。

Webフォームの活用が一般化したことで、カラーリングやレイアウトなどデザインに優れているサービスも登場しています。

またWebフォームを構築する費用や人的コストを考えた場合、Webフォーム作成サービスがあれば高いコストパフォーマンスに期待できます。

③Webフォーム作成以外の豊富な機能

Webフォーム作成サービスは、フォーム作成以外にもさまざまな機能が備わっている点が最大のメリットです。

実際に収集したデータの集計や分析の自動化、データのクラウド管理機能が挙げられます。

例えばアンケートを実施した場合、Webフォームで集めたデータをエクセルなどを用いて手作業で集計している企業もいるでしょう。

この方法は時間がかかるだけでなく、膨大な数のデータを扱うほどミスも起こりやすくなります。

一方、Webフォームで取得したデータの集計が自動化されることで、正しいデータが得られるだけでなく、人件費削減や業務効率化も実現できます。

またWebフォーム業務における業務効率化を図りたい場合には、豊富な機能を備えたサービスを選んでみましょう。

④外部サービスとの連携

企業ではWebフォームで取得できるデータを含め、さまざまなデータを扱っています。

そのため複数のプラットフォームを利用していることも多く、プラットフォーム間のデータの行き来が発生してしまう点は手間となります。

そんな中、Webフォーム作成サービスの中には、外部サービスとの連携が可能なものもあります。

外部サービスと連携できれば、Webフォームで取得したデータを手軽に外部サービスへ共有可能です。

Webフォーム作成サービスを選ぶ4つのポイント

ここではWebフォーム作成サービスを選ぶ時に着目すべき4つのポイントをご紹介します。

Webフォーム作成サービスには、さまざまな種類があります。

そのため適切なサービスは、活用の目的によって異なります。

ここではWebフォーム作成サービスを選ぶ時に着目すべき4つのポイントをご紹介します。

①目的に合わせた機能を確認

まずはWebフォームを利用する目的に合わせて、必要な機能を洗い出しましょう。

またはWebフォーム作成サービスに求める機能の優先順位を決めておくのもおすすめです。

例えば既存のフォームよりも回答率を上げたい場合には、デザイン性に優れたフォームが必要です。

他にも集計や分析の自動化などの機能が搭載されていれば、業務効率化を実現できます。

②管理画面の使いやすさ

管理画面の使いやすさは、見落とされがちなポイントですが、重要なポイントです。

実際に充実した機能を備えているサービスでも、管理画面が使いにくく使いこなせないケースも珍しくありません。

社内の担当者が手軽に使えるようにするためにも、管理画面の使いやすさも確認しましょう。

③コストパフォーマンス

Webフォーム作成サービスは、無料から有料のものまであります。

単にアンケート調査するだけであれば、無料のサービスでも問題ないケースもあります。

しかし集計したデータをマーケティングに活かす場合には、分析・活用に有効な有料サービスを利用するのも1つの方法です。

また機能が豊富な有料のサービスを利用していても、そこまでの機能が必要でない場合には、コストに無駄が生じてしまいます。

高いコストパフォーマンスが発揮できるよう、目的を踏まえて必要な機能やコストを明確にしましょう。

④サポート

データのバックアップや不明点の電話・チャット対応、セキュリティの保証などを含むサポートの有無や範囲は確認すべきポイントです。

この点はサービスの利用料金によっても異なるため、必要に応じてプランを選んでみてください。

実際に無料サービスではサポートがないケースもありますので、はじめて導入する場合はサポートが充実したサービスがおすすめです。

Webフォーム作成サービスの活用方法

Webフォーム作成サービスの活用方法

ここではWebフォーム作成サービスの活用方法をご紹介します。

業務効率化の促進

Webフォーム作成サービスを活用すると、業務効率化につながります。

一度作成したWebフォームはデザインや項目に変更を加えれば使い回すことも可能で、作成の手間が省けます。

またデータ収集・集計・管理・分析までワンストップで対応可能です。

必要なデータをすぐに利用できるだけでなく、集計や分析に必要な時間とリソースも削減できます。

このようにマルチに活躍してくれるWebフォーム作成サービスは、1つで複数の役割を果たしてくれます。

Webフォームで取得したデータをマーケティングに活用

Webフォームでは集計結果や個人情報の管理なども可能です。

これらのデータは蓄積されていき、マーケティングに欠かせない企業の重要な財産となります。

また蓄積されたデータを元に顧客に合わせたメルマガ配信や、企業の商品・サービスの改善に役立てることもできます。

Webフォーム作成サービス:無料サービス3選

無料のWebフォーム作成サービスでも、必要な機能が備わっている場合もあります。ここでは3つの無料サービスをご紹介します。

無料のWebフォーム作成サービスでも、必要な機能が備わっている場合もあります。

ここでは3つの無料サービスをご紹介します。

Googleフォーム

Googleアカウントがあれば、無料でサービスが利用できます。

Googleフォームの最大の特徴は、ほかGoogleツールとの連携ができる点です。

特にスプレッドシートを用いて、自動集計ができる機能は大きなメリットといえます。

Google関連のサービス多く利用している場合には、Googleフォームがおすすめです。

URL:https://www.google.com/intl/ja_jp/forms/about/

フォームラン

フォームランは4つのプランがあり、無料で利用できるフリープランもあります。

Webフォーム作成から顧客管理まで一貫して管理できる点が特徴です。

直感操作により簡単に扱えるため、Webフォームの扱いに慣れていない場合にもおすすめできます。

まずは無料で試して、その後有料プランに変更することも可能です。

URL:https://form.run/ja

フォームズ

フォームズは、累計100万件以上利用されている実績のあるサービスです。

無料プランでも無制限でWebフォーム作成が可能かつ、デザインのカスタマイズ性に優れています。

データ集計や決済機能など付帯サービスも充実しています。

URL:https://www.formzu.com/

Webフォーム作成サービス:有料サービス3選

豊富な機能を利用したい、Webフォームの利用規模が大きい場合には、有料のWebフォーム作成サービスがおすすめです。ここでは3つの有料サービスをご紹介します。

豊富な機能を利用したい、Webフォームの利用規模が大きい場合には、有料のWebフォーム作成サービスがおすすめです。

ここでは3つの有料サービスをご紹介します。

キューボリクエスト

キューボリクエストでは、直感的な操作で簡単にWebフォームが作成できます。

ドラッグ&ドロップでデザイン性の高いフォームが作成でき、スマホ対応のレスポンシブWebデザインにも対応しています。

単月契約もできるため、有料のサービスを試してみたい方にもおすすめです。

URL:https://www.qubo.jp/request

クリエイティブサーベイ

クリエイティブサーベイは、法人向けに特化したWebフォーム作成サービスです。

デザイン性と機能性に優れているだけでなく、PマークやISMS認証取得など高いセキュリティ性も備えています。

企業の導入実績も多く、安心して利用できるサービスです。

URL:https://jp.creativesurvey.com/

クライゼル

クライゼルはあらゆる目的・用途に応じて、無制限にWebフォームが作成できます。

データベース機能に優れているため、データベースを軸としたWebフォーム作成も可能です。

また外部サービスとのリアルタイム連携ができ、「Salesforce」「Slack」「GoogleAnalytics」など、ビジネスシーンにおいて活用されるサービスとの連携ができます。

Webフォームで収集したデータを一括管理したい、メルマガなどのマーケティングに活用したい場合におすすめです。

URL:https://www.kreisel.bz/

特徴を押さえ最適なWebフォームを導入しよう

今回はWebフォームやWebフォーム作成サービスの特徴を踏まえて、Webフォーム作成サービスのメリットや選び方、無料と有料のサービスをご紹介しました。

Webフォーム作成サービスは簡単にWebフォームが作成できるだけでなく、集計や管理、分析などさまざまな機能を備えています。

Webフォーム作成サービスを利用する場合には、目的や必要な機能、求めるコストパフォーマンスを洗い出し、最適なサービスを選びましょう。

クライゼルのWebフォーム作成サービス資料は以下よりダウンロードできます。

資料ダウンロード

SHOHEI URA

SHOHEI URA

データマーケティンググループ所属。 マーケティング担当者としてデジタルマーケティング全般に従事。 保有資格:GAIQ(GoogleAnalytics認定資格)