catch-img

会員サイトの無料構築|潜むリスクとコスパの良い構築方法

長引くコロナ禍でオンラインでのマーケティングを強化するにあたって、新たに会員サイトを持ちたいと考えている企業も多いでしょう。そこで悩みの種となるのが制作コストや構築の仕方です。

この記事では、会員サイトを無料で構築する方法や、メリット・デメリット、安心・安全な会員サイト運営に必要な要件などをご紹介します。ぜひご参考ください。

官公庁・大企業に選ばれるセキュリティの高い会員サイトなら、クライゼルの会員サイト作成機能をご利用ください。

会員サイトを無料構築する方法

会員サイトは無料で構築することも可能です。ここでは、会員サイトを無料で構築できる3つの方法を紹介します。


CMSで会員制サイトを構築する

1つ目は、既存サイトで利用しているCMSや無料のCMSを使って構築する方法です。無料のCMSには、WordPressや国産のbaserCMSなどが挙げられます。

会員サイトを構築する場合には、プラグインを使って必要な機能を付加させていく必要があります。デザインについてはテンプレートも用意されていますが、デザインを調整したり細かな設定を行ったりするには、コーディングの知識と技術が求められます。

CMSを使った会員サイトの構築の仕方については以下の記事で紹介していますので、あわせてご参考ください。

  会員サイトの作り方|無料・有料ツールでの構築 新しい生活様式や働き方が広まり、オンラインマーケティングが加速する中で会員サイトの構築・充実化を進めたいと考えている企業も多いでしょう。 通常のWebサイトで用いられるCMSの標準機能ではカバーできない点も多く、どのようなツールを使って構築すれば良いかは頭を悩ませるポイントにもなっています。 そこでこの記事では、会員サイトを構築する方法や注意すべきポイント、構築の手順などを網羅的に解説していきます。 クライゼル | 多彩な業務で使える高セキュリティなCRMプラットフォーム



ハンドコーディングにて構築する

2つ目は、システムを使わず、自力でコーディングをして構築する方法です。外部に制作を委託するよりもコストを抑えられることがメリットと言えます。ただし、会員サイトはさまざまな機能が求められる上、万全なセキュリティ対策が求められますので、技術力の高い担当者がいるとしても多くの時間を要するでしょう。


無料の会員管理システムをサイトに連携する

3つ目は、無料の会員管理システムを使って構築する方法です。会員管理システムには会員サイトに必要な機能がパッケージ化されているため、簡単な設定を行うだけで利用することができます。また、クラウドサービスであれば、セキュリティのアップデートなども自動で行われるため運用の手間もかかりません。


会員サイトを無料構築するメリット

会員サイトの構築を無料で行うことはメリットばかりではなく、デメリットも存在します。ここからはメリットとデメリットをそれぞれ紹介していきますので、構築の方法として何が自社にとってベストなのかを整理してみましょう。


低予算で始めることができる

「スモールスタートで、低予算かつスピーディーに会員サイトを構築したい」という場合には無料の構築方法が役立ちます。ただし、無料の場合は機能面での制限などもあるので、あくまで簡易的なサイトになることは避けられないでしょう。


ランニングコストを抑えることができる

無料で会員サイトを構築する場合には、基本的にサイトの運用を自社で行うケースがほとんどですので、ランニングコストも抑えることが可能です。サーバーやセキュリティの運用を任せられる人材がいるのであれば、無料で構築しても安心です。


技術力によっては速く立ち上げをすることができる

無料で構築する場合は、自社で設定などを完結させる必要があるので専門的知識は必須と言えます。担当者の技量次第となりますので、外部に委託するよりもスピーディーに構築できる可能性もありますが、不慣れな場合には時間がかかることもあるでしょう。


会員サイトを無料構築するデメリット

続いて、会員サイトを無料で構築するデメリットについても取り上げます。


Web制作リテラシーが必須になる

自社で1から構築したり、無料のサービスを利用したりする場合にはサポートも受けられませんので、担当者のWeb制作リテラシーは必須です。会員サイトはさまざまな機能が求められ、Webサイトの中でも専門性が求められますので、高い技術を持った人材の確保が求められます。


マーケティングスキルが求められる

無料で構築した場合は、サイトの運用・活用も当然自社で行うことになりますので、高機能な有料システムを利用する場合に比べてマーケティングスキルも求められます。例えば、会員情報の分析やマーケティング施策の実施の際にも、自社で効果的な方法を確立していく必要があります。


有料化しないと使えない機能がでてきてしまう

CMSのプラグインを使って構築する場合や、会員管理システムを利用する場合でも、無料の範囲には限りがあるため、機能性を追求する場合には有料のサービスやプランでないと対応できないことも出てくるでしょう。


個人情報を守るセキュリティ要件を満たすことが難しい

会員情報を扱う会員サイトでは万全なセキュリティ対策が必須となりますが、無料で構築しようとすると、セキュリティ要件を満たすのは現実的に難しい面もあるでしょう。個人情報が漏洩したとなれば大きな代償を払うことになりますので、コストを抑えたい場合でもセキュリティ面を犠牲にすることなく、十分な対策を講じておく方が賢明です。


会員サイトでは特に安心・安全性がユーザー心理に

ユーザーが安心・安全に利用できる会員サイトを構築することは、サイトの利用者を増やす上でも重要です。

国民生活センターなどに寄せられるサイトトラブルの多くが会員サイト型のサービスとなっており、安全面で不安を与えてしまうとサイトに対する強い不信感を抱かれかねません。

コストを抑えたいからといって見るからに急ごしらえのサイトとなってしまえば、ユーザーに利用してもらえず、結果的に費用対効果の悪いサイトになってしまうでしょう。


会員サイトをラクラク構築!

高セキュリティ・高機能な会員サイトASPといえばクライゼル


安心・安全な会員サイト運営のために主に必要な設定・構成

では、安心・安全に利用してもらえる会員サイトにするためにはどうしたら良いのでしょうか?ここでは抑えておきたいポイントを6つご紹介します。


常時SSL化

1つ目は、すべてのページの通信を暗号化する常時SSL化を行うことです。非SSL通信のページでは盗聴や改ざん、なりすましといった危険性があり、Google Chromeでは警告文が表示されるようになっています。利用者に不安を与えないためにも常時SSL化を行いましょう。


サイトの使い方ページの設置

2つ目は、サイトの使い方ページを設置することです。「どのページを見れば良いのかわからない」「このボタンを押したらどうなるのかわからない」という状況では、ユーザーは安心して利用することができません。サイトの利用方法やこのサイトを利用する意義がわかれば、サイトの利用が進み、効果の高いサイトとなるでしょう。


会社情報・商標ページの設置

3つ目は、会社情報や商標ページを設置することです。登記・登録されている情報なら信頼性が高まりますし、誰が運用しているのかを知ることで安心感につながります。単に「便利なサービス」として利用してもらっているよりも、ユーザーのエンゲージメントも高まるでしょう。


個人情報取り扱い・プライバシーポリシーページの設置

4つ目は、個人情報の取り扱いについて、プライバシーポリシーのページを設置することです。会員登録時に確認できることはもちろんですが、サイトのフッター等、利用時にいつでも見られるようにしておくとユーザーも安心です。


シェア率の高いオンライン決済(Web決済)の活用

5つ目は、シェア率の高いオンライン決済に対応することです。決済方法の選択肢を広げて利便性を高めるというだけでなく、継続課金がしやすくなることでユーザー側にも企業側にも大きなメリットがあります。また、クレジットカードに苦手意識を持つユーザーでも安心して利用できるようになるでしょう。


サーバーのセキュリティ対策

6つ目はサーバーのセキュリティ対策を講じることです。ユーザーが安心して利用できる環境を整えるには、外部からの脅威に備えるだけでなく、障害にも備えておく必要があります。データベースのバックアップや障害監視など、緊急事態の際にも迅速に対応できる体制を整えましょう。


ASPとの契約でサーバー契約不要でセキュリティ要件を担保

上記のようなセキュリティ要件を自社で適えるのは容易ではありません。そこで役立つのが会員サイト構築用のASPを活用する方法です。

ASPなら会員サイトに求められる機能がパッケージ化されている上、ASP提供側でサーバー管理やセキュリティ対策を行ってくれるため、セキュリティ要件を担保することが可能です。

導入費用はかかりますが、構築・運用にかかる手間や時間を大幅に削減できる、コストパフォーマンスの高い構築方法と言えるでしょう。


まとめ

これから会員サイトを立ち上げようとする際に「できるだけコストを抑えたい」と考えるのは当然のことですが、上述したように無料で構築するのにはデメリットも多くあります。

特にセキュリティを含めた安心・安全面には十分配慮しておかないと、ユーザーの不信感を招く結果にもなりかねません。セキュリティ面や機能面なども充実しているASPを活用するなど、コストパフォーマンスの高い構築方法を模索すると良いでしょう。


コストパフォーマンスの高さが魅力のASPツール「クライゼル」なら、専門知識がなくても高セキュリティな会員サイトをすぐに公開可能。会員サイト機能に加え、フォーム機能やメール配信機能、会員限定動画配信など、会員向けのマーケティングに必要な機能をこれ1つで網羅します。

さらに、デザインの自由度が高い上、外部システム連携も充実している拡張性の高さも特徴です。本格的な会員向けマーケティングをお考えの方はぜひクライゼルをご活用ください。


会員サイトをラクラク構築!

高セキュリティ・高機能な会員サイトASPといえばクライゼル


M.Hattori

M.Hattori

トライコーン(株)取締役兼マーケティング統括。web広告、CRM、CDP、データ可視化などお客様のwebマーケティングの課題解決に長年従事。 Salesforce Marketing cloud メールスペシャリスト / アドミニストレータ / コンサルタントおよび、Salesforce アドミニストレータの各認定資格を保持。

関連記事

よく読まれる記事

ホワイトペーパーDL

ステップメール完全ガイド

タグ一覧