catch-img

会員サイトのコンテンツマーケティング活用例

顧客の囲い込みなどに効果を発揮する会員サイト。

その構築にあたって、コンテンツ更新を行いやすいサービス使用を考える方も多いでしょう。

この記事では会員サイトを利用したコンテンツマーケティング例や、施策に応じた会員サイト構築サービスの選び方について解説します。

会員限定サイトを作成するなら、クライゼルの会員サイト作成機能をご利用ください。

会員サイトのコンテンツマーケティング活用例

まずは、会員サイトのコンテンツマーケティングの活用例をご紹介しましょう。


会員限定コンテンツの活用

1つ目は、会員限定コンテンツを配信する方法です。非会員との差別化を図り、会員のエンゲージメントを高めることができます。

商品・サービスの先行案内や会員限定イベントの開催、商品・サービスの活用コラムなど、会員を惹きつけるコンテンツでファン化を図りましょう。


会員限定クーポンの活用

2つ目は、会員限定クーポンを発行する方法です。

物販などでリピート促進を行いたい場合の施策として有効です。

「〇〇円以上のお買い上げで○円引き」のように条件をつけることで客単価UPの施策としても活用できます。


ポイントマーケティング

商品やサービスの購入金額や店舗への来店回数等に応じて一定の条件で計算されたポイントを顧客に与え、顧客はポイントを次回以降の購入代金の一部に充当したり特別イベントへの参加することができるマーケティング手法。


会員サイトの提供メリット

それでは、会員サイトを構築することにはどのようなメリットがあるのでしょうか?ここではマーケティング目線で3つのポイントを紹介します。


会員との関係性の維持・強化

1つ目は、会員に向けたコンテンツが配信しやすしやすくなることで会員との関係性の維持・強化に役立つ点があげられます。

会員と非会員では顧客が要望する情報を変わってきます。よって、会員が欲するコンテンツを作成してそれを会員だけに届けることが可能になります。そのためサブスクリプション型のビジネスモデルであればサービル利用の継続率にも影響しますし、物販などの場合でもエンゲージメントを高めることでファン獲得につながります。


リピーターの獲得や販促の強化

2つ目は、リピーターの獲得や販促の強化にもつながる点です。

企業は会員がどの自社商品やサービスを使っているか把握しているので、その商品やサービスに合った他商品やサービスを会員限定のクーポン等でオファーすることで販売を促進できるでしょう。

個々のお客様に合った魅力的なオファーで顧客と接触する機会が増えれば、商品やサービスを継続的に購入してもらえるチャンスも増えます。


会員への情報共有・学習の効率化

3つ目は、会員への情報共有や学習の効率化が図れる点があげられます。

例えばシステムを提供している企業であれば、ユーザー限定で使い方の動画を配信することで訪問や問い合わせを減らすことができます。


会員管理機能の充実で、マーケティングが加速

メール配信もまとめてできる

会員サイト構築ならクライゼル


会員サイト構築の提供サービスにおける種類

会員サイト構築に用いられる提供形態としては主に以下の3つがあげられます。

それぞれの特徴を見ていきましょう。


クラウド型

クラウド型会員サイトサービスはインターネットを経由してアプリケーションを利用できるサービスです。

これらは会員サイト構築用にログイン機能や、会員ページ機能、フォーム機能、メール配信配信機能などさまざまな機能が搭載されていますので専門知識がなくても簡単に会員サイトを構築することができます。

また、サーバー管理やアップデートも提供側が行うため運用にも手間がかかりません。


オープンソース型

オープンソースとは、ソースコードが一般公開されているソフトウェアを指しており、WordPressはこれに該当します。

CMSのベースが無料になることが大きなメリットと言えるでしょう。

会員サイト専用のサービスではありませんので、プラグインを導入しながら要件を満たしていく形になります。

また、アフターサポートは受けられませんのでサーバーの管理やアップデートを行う必要がある点や、セキュリティにも不安が残る点がデメリットと言えます。

自社開発型

既存のサービスを利用せず、自社でサーバなどのITインフラを準備して、その上に会員向けサービスを構築するやり方です。

自社ビジネスに合った会員サイトを構築できる点がメリットです。反面、開発コストと維持コストがかなり高額になります。


会員サイト構築サービスの選び方

最後に、会員サイトを構築する際のサービスの選び方のポイントを解説します。


自社事業の運営に必要なセキュア性

会員情報を取り扱う会員サイトでは、十分なセキュリティを担保することが必須の条件になります。

自社のマーケティングの土台として安心して運用できる環境であるかをシビアにチェックしておきましょう。

SSLや監査ログなどの機能がついているか、ISMSの認証を取得している企業であるかなどは特に重要なポイントと言えます。


デザインの自由性

顧客の囲い込みやファン化を図るにあたっては、会員サイトのデザインも重要なポイントです。デザインの自由度が高いサービスを活用して、独自の世界観を築けるようにしましょう。


会員サイトとしての必要機能の網羅性

ログインやパスワード再発行といった基本機能だけでなく、クーポンや会員限定動画の配信など、会員サイトで実現したいことを叶えられる機能が網羅されているかも重要なポイントです。

要件定義を行って漏れなくチェックを行いましょう。


マーケティング施策への拡張性

最後はSFAなど他ツールとの連携性です。

顧客の接触履歴や購入履歴などをSFAでデータベース化している場合は、そのツールとスムーズに連携することが求められます。

会員サイト内でのアクションに対して電話等ですぐにフォローするなど、手厚いサポートを提供できるでしょ


SFAなど他ツールとの連携性

最後はマーケティングツールとの連携性です。

オフラインでの接触履歴や購入履歴などをデータベース化したマーケティングツールを導入している場合には、そのツールとスムーズに連携することが求められます。

リアルタイムで連携できれば、会員サイト内でのアクションに対して電話ですぐにフォローするなど、手厚いサポートを提供できるでしょう。


まとめ

会員サイトは顧客の囲い込みを行う上では重要な要件と言えます。

また、どのような施策を行いたいかによって適したサービスを選ぶことが求められます。

長期的な計画を見据えて導入するサービスを検討しましょう。

CRMプラットフォームである「クライゼル」は、会員向けのマーケティングに必要な機能を網羅し、外部システムとの連携も充実。

官公庁や金融機関にも導入されており、セキュリティの高さも折り紙つきです。

安心して運用できる会員サイトの構築サービスをお探しの方はぜひクライゼルをご活用ください。


会員管理機能の充実で、マーケティングが加速

Salesforceやkintoneと簡単に連携できる

会員サイト構築ならクライゼル



M.Hattori

M.Hattori

トライコーン(株)取締役兼マーケティング統括。web広告、CRM、CDP、データ可視化などお客様のwebマーケティングの課題解決に長年従事。 Salesforce Marketing cloud メールスペシャリスト / アドミニストレータ / コンサルタントおよび、Salesforce アドミニストレータの各認定資格を保持。

関連記事

よく読まれる記事

ホワイトペーパーDL

ステップメール完全ガイド

タグ一覧