コニカミノルタビジネスソリューションズ様|企業事例|ASP型CRMシステム『クライゼル』

03-6863-5638
トップページ > クライゼル企業事例 User'sVoice > 展示会でアンケート・メール発信がカンタンに!
クライゼル企業事例 User'sVoice

展示会でアンケート・メール発信がカンタンに! −コニカミノルタビジネスソリューションズ様 −

以前は展示会案内をチラシで行っていたため、準備期間や配布数に問題を抱えていた所、クライゼルを使い始めた結果、準備期間の短縮化、配布数の安定化を実現できました。またアンケート収集や回答集計を手作業でやっていたので、コストがかかっていた。クライゼルの機能により、アンケート画面作成や集計が即時対応できるようになりました。

クライゼルを使い始めたきっかけは?

九州で行われたビジネスショウで、トライコーンのクライゼルを知りました。
最初にブースで話を聞いてみた時に、BtoBマーケティング業務やCRM(カスタマーリレーションマネジメント)業務に利用できそうな感覚を持ちました。
当時の我々のマーケティング業務は、手作業で行われていましたので、何かする時に時間がかかるという問題点を抱えていました。クライゼルにはシステムの試用制度があるとのことでしたので、1週間の試用をし、当社課題を解決できそうでしたので、クライゼルを使うことにしました。

運用の手応えはいかがですか?

運用を開始して1年ほどになりますが、手ごたえを感じているのは、アンケートの集計業務の効率化です。
自動集計と手作業では、まるで天と地?というくらいに違います。また、展示会やキャンペーンの告知の業務も、手作業時代から大きく変わりました。
業務が効率化したおかげで、お客様との関係が強固なものになったような気がしています。このように、自社で実践してうまく運営できたので、私たちのお客様にも自信を持って提案していきたいと考えています。

クライゼルを一言で言えば、どんなツールでしょうか?

「お客様との接点を強化するツール」の1つです。
つまりは、CRMツールです。クライゼルを使えば、お客様への連絡を効率的にできますので、密に接触をすることができます。
連絡業務に負荷がかかってしまうと、いつしか連絡するのが億劫になり、連絡することを辞めてしまう場合があります。クライゼルではそんなことが起きなそうです。

クライゼルを今後どのように使われていきますか?

メールマーケティングを本格的に行いたいと考えています。
お客様との接点強化活動を長期的に見て、計画を立てて運用していく予定です。
折角のCRMツールなので、イベントがある時にだけスポットで利用するのではなく、長期的な計画をもって活用していきたいと考えています。

お客様情報

上記事例資料のダウンロード
 
  • システム連携
  • ECサイト運営者が選ぶ理由
  • BtoB企業が選ぶ理由
  • セミナー情報
  • CRMコラム
  • メールマーケティング現場レポート
  • サポート
  • セキュリティー
  • 代理店の方へ
  • アイモス
  • コルタ
プライバシーマーク ISMS取得済み
お問い合わせはこちら お問い合わせ・資料請求 無料評価版を試す!
ソーシャルメディアからも最新情報をお届けしますので「いいね」と「フォロー」をお願い致します。
「クライゼル」公式Facebook ページ
「クライゼル」google+公式ページ

複数のデータベース一元管理したいならトライコーンのクライゼル!

「クライゼル」  「アイモス」  「Autobahn for AppExchange」  「LOOPASS」  「コルタ」