スマホで受信するメールアドレス|ASP型CRMシステム『クライゼル』

03-6863-5638
トップページ > CRMコラム > スマホで受信するメールアドレス
CRMコラム

スマホで受信するメールアドレス

この琴線吟選は、1ヶ月間の中で一番琴線に触れたなあと思うものを、振り返りながら吟味し、クライゼルをご利用中の皆様に役立つというコンセプトで、ひとつ選んでみるコーナーです。


5月にはFacebookが上場し、より一層SNSビジネスが盛り上がりを見せておりますが、実はここ数か月、メールマーケティングのお問い合わせも、また増えているのです。

メールマーケティングコンバージョンが引き続き良いから問い合わせも増えていると思っていますが、さらにその良い理由は何かと掘り下げてみると、ここからは私の推測になりますが、Facebookをはじめとした、最近のサービスを始める場合、やはり最初に入れなくてはいけないものがメールアドレスで、そのメールアドレスが再び活発に使われ始めているのではないか、ということです。

Facebookにも、もちろんメッセージ機能や@facebook.comというアドレスがついているにも関わらず、この原稿の執筆段階でもFacebookの新規登録ページにはメールアドレスの記入欄が必須であります。

そして、必須ですので、そこにアドレスを入れなくてはいけないのですが、皆さんはどんなアドレスを入れていますか?

こんな話を聞きました。

「今まで使っていたフリーのアドレスは、いろいろな要らない情報が多く来てしまったので、
この機会に新しく作り直すことにしました。そしてスマホでも受信できるように設定しました。」

つまり、SNSをやるために、アドレスが必要。そこで綺麗なメールアドレスを新しく作りなおしている人が増えているのでは、と感じています。

また同じ過ちを繰り返さないために、登録についても慎重です。

よっぽどの必要なサービスでない限りメールアドレスは登録はしないでしょうし、とりあえず登録しておく、が少なくなっている。そういうメールアドレスは逆に到達率も大変高いはずです。

プロバイダーのPCアドレス→フリーメールアドレス→携帯メールアドレス

と変遷してきた個人のアドレスですが、ここに来てスマホで受信するメールアドレスという新しいジャンルが出てきました。

このアドレスはスマホで見るアドレスとなりますので、携帯も含まれますし、PCのメールアドレスもあるでしょうが、その区別がだんだん無くなってきました。

SNSの追い風の中、このスマホで受信するアドレスをいかに取得できるかが、メールマーケティングのポイントになるでしょう。

まずは自社のトラフィックやキーワードをもう1回良く見て、どんな風にしたら、そのようなアドレスを取得できるのか、チームの皆さんで考えてみましょう。





クライゼルとは?
  • システム連携
  • ECサイト運営者が選ぶ理由
  • BtoB企業が選ぶ理由
  • セミナー情報
  • CRMコラム
  • メールマーケティング現場レポート
  • サポート
  • セキュリティー
  • 代理店の方へ
  • アイモス
  • コルタ
プライバシーマーク ISMS取得済み
お問い合わせはこちら お問い合わせ・資料請求 無料評価版を試す!
ソーシャルメディアからも最新情報をお届けしますので「いいね」と「フォロー」をお願い致します。
「クライゼル」公式Facebook ページ
「クライゼル」google+公式ページ

WEBマーケティングで成功するためにはどのような活動が必要になるのかを見直してみましょう。

「クライゼル」  「アイモス」  「Autobahn for AppExchange」  「LOOPASS」  「コルタ」