メルマガのスタイルが、また変わる予感|ASP型CRMシステム『クライゼル』

03-6863-5638
トップページ > CRMコラム > メルマガのスタイルが、また変わる予感
CRMコラム

メルマガのスタイルが、また変わる予感

この琴線吟選は、1ヶ月間の中で一番琴線に触れたなあと思うものを、振り返りながら吟味し、クライゼルをご利用中の皆様に役立つというコンセプトで、ひとつ選んでみるコーナーです。


最近改めて感じたのは、一斉メールやメッセンジャーツールの便利さです。

例えば私が別で務めます団体では年に数回の展示会を行うのですが、メンバーへの展示会の準備通知や請求書はいつも一斉メールですし、ちょっと込み入ったお願いをしようとすれば、重ねて事前にご登録いただいている SNSのメッセージ機能を使って、その会社の方に直接フォローを行っておきます。すると1時間もしないうちにすべての返事が揃い、仕事が終わってしまうのです。

そして最近気づいたのですが、その一斉メールには、派手な体裁もなく、急いでいるときなどはちょっとした殴り書きならぬ、ざーーっと書いた要件のみの文面だったりしますし、そしてメッセージ機能に至っては、なんと!宛名(〜様)や前置きの挨拶もありません。

普段の1対1での電子メールコミュニケーションでは、ちょっと失礼かな、と思うこともこの閉じられた一斉メールやメッセージの世界では、Too Muchな感じがして、この世界ならではのコミュニケーションのスタイルは確立したな、と感じます。

さて、メルマガ、はどうでしょう?

以前は体裁を保ちつつ、随所にパーソナルな表現を入れることで温かみを出す方法がありましたが、個人的にはそのパーソナルな表現は、上記のコミュニケーションの世界の中で発揮するほうが発揮しやすく、逆にメルマガは本来のサッと読める情報チャージツールとしての役割にフォーカスするスタイルが復活するのではと予想しています。

何故かと言えば、すでに別の時間で、沢山のウェットなコミュニケーションを行っている人からすれば、人間がぱっと読める範囲、そしてメールソフトがぱっと表示できる範囲に伝えたいことを的確かつ簡潔なテキストで並べ、一瞬のうちにインプットさせてくれるほうが今の時代に合っていると思うからです。

テクニックよりも前にそのメルマガで文章を伝えたいのか、情報を伝えたいのか、そこへ視点を移してゆけば、また新しいメルマガのスタイルが自然と生まれてくるはずです。

さて、メルマガのスタイルが変わるということで、この琴線吟選もちょっと新しい風を入れてみようと思いました。次回からは、執筆者を取締役営業担当の竹内にバトンタッチして、お届けいたします。より現場に近い彼ならではの視点で、今後とも琴線吟選をお楽しみください。どうぞよろしくお願いいたします。





クライゼルとは?
  • システム連携
  • ECサイト運営者が選ぶ理由
  • BtoB企業が選ぶ理由
  • セミナー情報
  • CRMコラム
  • メールマーケティング現場レポート
  • サポート
  • セキュリティー
  • 代理店の方へ
  • アイモス
  • コルタ
プライバシーマーク ISMS取得済み
お問い合わせはこちら お問い合わせ・資料請求 無料評価版を試す!
ソーシャルメディアからも最新情報をお届けしますので「いいね」と「フォロー」をお願い致します。
「クライゼル」公式Facebook ページ
「クライゼル」google+公式ページ

WEBマーケティングで成功するためにはどのような活動が必要になるのかを見直してみましょう。

「クライゼル」  「アイモス」  「Autobahn for AppExchange」  「LOOPASS」  「コルタ」