お問い合わせ返信の秘訣|ASP型CRMシステム『クライゼル』

03-6863-5638
トップページ > CRMコラム > お問い合わせ返信の秘訣
CRMコラム

お問い合わせ返信の秘訣

この琴線吟選は、1ヶ月間の中で一番琴線に触れたなあと思うものを、振り返りながら吟味し、クライゼルをご利用中の皆様に役立つというコンセプトで、ひとつ選んでみるコーナーです。


さて、年始になりますと、皆様が新しい事業や企画にチャレンジされたりするせいか、例年当社へのお問い合わせも増える時期になります。

そんな折、私も長くメール業界にいるからでしょうか、メールの配信(アウトバウンド)だけでなく、メールの受信・返信(インバウンド)にも大変気を付けていたりします。

例えば、明確な回答がすぐに出来ない場合は、ちゃんとメールを受信しました・お返事は追って、というような相手を安心させる受領確認を送信させていただいたり、わざわざ添付の資料を見てもらうのは申し訳ないなあ、と思えば「添付の資料での説明で恐縮ですが」と添えてみたり、1人のアドレスのスペルミスがあれば、すぐに間違えましたと再送し、初めての方が送信先にいらっしゃれば、ちょこんと「はじめまして」と書いたりするようにしています。

これはどちらかというと、過去にちょっと嫌だな、不親切だな、と思った対応につき、私もそういうことを他人にしてしまわないように、という気持ちからそうしていたりします。

また複数人数でのやり取りであれば、対応が漏れがちなので、誰かとお見合いっこしてポテンヒット(と私は呼んでいますが)のように処理されていないものはないか、常に気を付けています。

さて、そんな長年の返信の中で必ず喜ばれる返信があります。何だかわかりますか?

それは「すぐに返事を送信した」です。

問い合わせた相手からすれば、たったそれだけのことで、他のライバル会社との印象に大きな差を生むことができます。逆の立場に立てば当たり前な気持ちですが、つい最近の新年の返信でも、ある1社の方から「返信が早くてビックリしました。他社は・・・」のような感想をいただきました。

最後に、1つ心掛けている私の癖としては、帰る際にはメールボックスを限りなくゼロにしておくことです。意外にこれはすっきりする良い仕事術だと思っておりますし、こうしておくことで誰よりも早くお問い合わせのメールを見つけ、返信することができるのです。


クライゼルオプション機能「コンタクト」のご紹介

CRMシステム クライゼルの「コンタクトサービス」なら、お客様からのあらゆるお問い合わせを一元管理!対応漏れの防止や業務の効率化を図る事が出来ます!

「コンタクト」機能の詳細についてご興味のある方はこちらを参照下さい!





クライゼルとは?
  • システム連携
  • ECサイト運営者が選ぶ理由
  • BtoB企業が選ぶ理由
  • セミナー情報
  • CRMコラム
  • メールマーケティング現場レポート
  • サポート
  • セキュリティー
  • 代理店の方へ
  • アイモス
  • コルタ
プライバシーマーク ISMS取得済み
お問い合わせはこちら お問い合わせ・資料請求 無料評価版を試す!
ソーシャルメディアからも最新情報をお届けしますので「いいね」と「フォロー」をお願い致します。
「クライゼル」公式Facebook ページ
「クライゼル」google+公式ページ

WEBマーケティングで成功するためにはどのような活動が必要になるのかを見直してみましょう。

「アウトバーン」  「クライゼル」  「アイモス」  「Autobahn for AppExchange」   「エクスロード」「ファーストニューズ」  「ブルバード」  「コルタ」