APIでシステム連携|ASP型CRMシステム『クライゼル』

お問い合わせ 03-6863-5638
HOME > 連携システム
連携システム

色々なシステムをつなげて、付加価値の高い業務を!

クライゼルは他のシステムと連携することを意図していますので、カンタンに連携するための機能を用意しています。クライゼルと他のシステムを連携することで、効果的な先進マーケティングを実践することができます。
どんなシステムと連携させるか?は御社のマーケティング企画次第です。

拡大

連携方法 1 APIを利用

APIとは「Application Programming Interface」の略で、クライゼルへ他の外部システムからアクセスすることが可能となるサービスです。


カンタンWEB用CRMツール「クライゼル」では「会員登録・アップロード・配信予約」多種多様なAPIを搭載しています。

このAPIを利用することで、クライゼルのメールサービス・フォームサービス・データベースサービスを利用した様々な連携サービスを実現することができます。

 

連携方法 2 フォームでのデータ引き継ぎを利用

クライゼルが提供するフォームには、登録画面に記述されたデータを、確認画面、完了画面にデータを引き継ぐことができるという機能があります。
また、登録画面、確認画面、完了画面には、HTMLソースで修正が可能です。これら機能により、登録画面で記述されたデータを、完了画面まで引継ぎ、完了画面でプログラムを挿入して、他のシステムにデータを書き込むことができます。

単純な認証機能だけでなく、会員データの参照・登録・更新・削除など様々な連携を実現することができます。

 

連携方法 3 リストのアップロード・ダウンロードを利用

クライゼルのデータベース機能には、メールアドレスデータをアップロード・ダウンロードする機能があります。このアップロード・ダウンロードを通じて、他のシステムと連携しているケースもあります。
運用開始時には、手作業でアップロード・ダウンロードを行い、フローが固まり次第システム化をしていくというお客様も多くいらっしゃいます。
また、同様に、配信結果(配信数・クリック数・エラー数)のダウンロ−ドも可能なので、こちらも他のシステムと同期している事例があります。

 

連携企業ご紹介

カテゴリー会社名サービス名概要
決済システム
株式会社J-Payment様
J-Payment決済システム 決済システム内のメールアドレスを、クライゼルのデータベースと連携ができます。
セグメント解析ツール
株式会社セラン様
xross dataクライゼルと「xross data」の間で、顧客ID(識別子)を基に連携させることができます。
APIサービスの機能一覧
 
  • システム連携
  • ECサイト運営者が選ぶ10の理由
  • BtoB企業が選ぶ理由
  • セミナー情報
  • CRMコラム
  • メールマーケティング現場レポート
  • サポート
  • セキュリティー
  • 代理店の方へ
  • アイモス
  • コルタ
お問い合わせ・資料請求 無料評価版を試す!
ソーシャルメディアからも最新情報をお届けしますので「いいね」と「フォロー」をお願い致します。
「クライゼル」公式Facebook ページ
「クライゼル」google+公式ページ

クライゼルとシステム連携することで、効果のあがる先進マーケティングを実践できます。

「クライゼル」  「アイモス」  「Autobahn for AppExchange」  「LOOPASS」  「コルタ」